スポーツ

「美しい魔女」化が加速中の吉田沙保里に立ちはだかる“高い壁”は浜口京子!?

 女子レスリング個人で世界大会16連覇し、個人戦206連勝を記録したことから「霊長類最強女子」の異名を持った吉田沙保里が、現役引退表明したのは、今年1月10日。当日の引退会見に登場した吉田は、毛先をウエーブさせた明るいブラウンヘア、白く艶めく肌、黒目が大きく見えるカラーコンタクトを装着し、白いジャケットと黒のインナーで清楚感を漂わせていたため「“美しい魔女”化が進んでいる」と話題になったばかり。

 一方、1月31日放送の「VS嵐」(フジテレビ系)にゲスト出演した際には、吉田はロッククライミングのように壁を登りながらボタンを押して得点を稼いでいく「クリフクライム」に挑戦し、みごとな腕力を見せスタジオを沸かせた。この日は嵐が1月27日に2年後の活動休止を発表してから初めての放送。新聞のテレビ欄の番組内容紹介文左端の文字を縦に読むと「5人で嵐」となる、番組側からの粋なはからいが話題となった日でもあった。

「吉田のイケメン好き、ジャニーズ好きは有名で、自身も公言していますし、ジャニーズ側もそれを受け入れている状態です。そのため、吉田はこのまま元アスリートタレントとしてジャニーズと絡み、バラエティ番組に居場所を求めるだろうと予測されています。ただ、1月30日放送の『かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、世界の伝統的なリラクゼーション3種を体験リポートするコーナーで印象的なシーンがありました。コーナーにゲスト出演した浜口京子を見ていた番組MCの有吉弘行は『吉田沙保里には(浜口が)高い壁になるね』とコメント。台湾では広く知られている、火が灯された長く細いロウソクを耳に入れて施術する『炎の毒素抜き』を受けている浜口の映像がとてもシュールだったことと、有吉の『高い壁』発言が相まって、ネット上では『有吉、うまいこと言ってる』『確かに吉田にとって浜口は高い壁だわ』『浜口の100%天然キャラは強いからなぁ』など、有吉の指摘に納得する声が多数あがったんです」(女性誌記者)

 いずれにせよ、「スポーツキャスターよりバラエティタレントのほうが向いている」と自己分析している吉田。今後の活動とともに、本気で婚活しているというから、いい結果が出るよう見守りたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し