芸能

倉科カナ、「トクサツガガガ」網タイツ姿に「戦隊モノで女幹部を」熱望の声!

 隠れ特撮オタク女子の日常をコミカルに描いたドラマ10「トクサツガガガ」(NHK)。社内では女子力高めのキャラでありながら、実は生粋の特撮オタクであることを必死に隠している主人公の叶を小芝風花が熱演しているが、奥深い“特撮ワールド”な展開にマニアのみならず、一般の視聴者達からも、隠れ趣味の“あるある”が満載だとして大きな反響を呼んでいる。

「ドラマの見どころは、小芝扮する叶がピンチに陥った際に起こる脳内の“特撮モード”妄想。本人にしか見えないヒーローが登場して、様々な言葉で彼女を励ましていくんです。妄想では主に叶がハマっている『獅風怒闘ジュウショウワン』の“シシレオー”が登場するのですが、時には彼女を取り巻く特撮仲間たちが登場することもあります」(テレビ誌記者)

 1月18日に放送された第1話では、通勤途中の電車の中で老人に席を譲るか迷っている叶の脳内が特撮モードに変換。車内にシシレオーが現れ「自分か苦しいからって、弱き者を見捨てていい理由にはならない!」と一喝。その言葉にハッとさせられ、叶は老人に席を譲る。

 そんな中、“特撮モード”に登場した、ある女優のキャラ扮装姿が話題になっている。

「2月1日に放送された第3話で、特撮モードに倉科カナ演じる30代の特撮オタク女子・久美が登場。赤いウィッグにレザー風のコートをまとい、丈の短いスカートを履いた“悪の女司令官”風の彼女が、ロングブーツに網タイツまで着用して、艶っぽいフェロモンが全開でしたよ」(スポーツ紙記者)

 この時の妄想では、叶が社内の女子に特撮ヒーローのDVDを貸す際、倉科演じる久美が登場していろいろと指令を出すのだが、このシーンを観た視聴者からはネット上に〈倉科カナの網タイツ…〉〈NHK有能〉など多くの反響が上がったものだ。

 主役の小芝は、2月8日に更新した自身のインスタにもこのシーンをアップ。倉科の前でひざまずくショットを公開したが、ここでもコメント欄に〈倉科さん、ホントに戦隊で女幹部やってくれないかな〉といった声が寄せられた。

「倉科は、もともとはグラビア出身。06年に『ミスマガジン』でグランプリを獲り、たびたび水着姿を披露してきました。もはやグラビアは封印していますが、あの美ボディは今も健在ですね」(放送作家)

 元グラビア女王の風格を見せつけた倉科。これからも様々な扮装姿で、ぜひ視聴者を楽しませてほしいものだ。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
浜辺美波、「バスト突起」騒動にフォロワーは「歓喜」より「心配」のワケ
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?
5
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!