スポーツ

藤田菜七子「GI初騎乗V」もある!Dr.コパが秘策を激白(1)GI騎乗は彼女の財産になる

 JRA所属の女性騎手として初めてGIに騎乗する藤田菜七子。2月17日に行われる「フェブラリーS」でコンビを組むのは、4連勝中のコパノキッキングだ。同馬のオーナーであり、「コパノ」の冠名で数多くのGIを制しているDr.コパこと小林祥晃氏が、愛馬の欠点からレースの秘策まで、余すことなく明かしてくれた。

 1月27日、GI「フェブラリーS」の前哨戦となるGIII「根岸S」をコパノキッキングが4連勝で制した直後、小林祥晃オーナー(71)は、藤田菜七子騎手(21)で本番に挑むことを明言した。

「レース後、都内に向かう車の中で村山明調教師(47)に電話をかけてもらい、私の口から『フェブラリーSに乗ってもらうからね』と告げました。『本当ですか~!』と、弾むような声だったね。彼女はその日、中京8Rで今年の初勝利をあげていたし、いいタイミングでした」

 その時の勝ち馬も小林オーナーが所有するコパノピエールだったが、JRA通算49勝(2月3日終了時点)のうち、5勝が小林オーナーの所有馬と、2人の相性はいい。昨年の週刊アサヒ芸能9月13日号でも、藤田の「GI初騎乗プラン」をこう明かしている。

「うちには準オープン馬のコパノキッキング(3歳・せん馬)という馬がいる。GIに出られるチャンスが回ってきた時には、菜七子騎手を乗せるつもりでいます」

 その後は順調に勝ち星を重ね、前走の「根岸S」で「フェブラリーS」への出走権を手に入れた。この展開には、小林オーナーの顔もほころぶ。

「こんなに早く実現するとは思わなかったね。8月に札幌で連勝したあたりから暮れのGIII『カペラS』を目標にしていて、いざ、出走可能となった時、実は菜七子騎手に『乗らない?』って声をかけたんです。しかし、先約があるということで柴田大知騎手(41)に頼んだ。前走の『根岸S』で彼女に乗ってもらってもよかったんですが、GIじゃないし、ちょうど短期免許の最終日だったマーフィー騎手(23)が『乗りたい』と言ってきたので任せることにしたんです。彼なら置き土産に勝って帰っていくだろうと思ってね(笑)」

 小林オーナーの所有馬といえば、GI11勝の日本記録を持つコパノリッキーをはじめ、14年の「高松宮記念」を制したコパノリチャードや09年に「全日本2歳優駿」を勝ったラブミーチャンが有名。同時に、若手騎手を大胆に起用することでも知られる。昨暮れのGI「朝日杯FS」では、コパノマーティン(15番人気・11着)の鞍上に藤田と同期の坂井瑠星(21)を起用。

「人気もなくて、彼には悪いことをしたなって思ったけど、着順にかかわらず、GIの雰囲気を味わうこともいい経験だろうと。南関東で活躍する森泰斗騎手(38)も『ラブミーチャンの背中にまたがったことは僕の財産です』と言ってくれているしね。コパノキッキングは、とてもスピードがあるので、その背中がどんなものなのか、彼女に味わってもらいたい。GIともなればパドックの雰囲気や観客数も違うし、いろいろな経験が彼女の財産になればいいなと思っています」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」