芸能

柄本佑&安藤サクラ、歓涙の主演賞ダブル受賞も納得の「一族の実績」パワー!

 3月1日に発表される日本アカデミー賞の最優秀賞を除き、今年の国内映画賞がほぼ出そろった。特に目を引くのは柄本佑&安藤サクラ夫妻だろう。2人はそろって第92回キネマ旬報ベスト・テン、第73回毎日映画コンクールの主演賞を受賞。これらの賞で夫婦が同じ年に主演賞に輝いた例はなく、2つの映画賞の開催回数を見てもいかに稀有なことかがわかるはずだ。

 2人が稀有な存在であることは、家族からも見てとれる。安藤の父親は奥田瑛二で、姉は映画監督の安藤桃子。柄本の父親は柄本明で、弟が柄本時生。この一族でキネ旬と毎日の受賞歴を見てみると、安藤サクラは今回を入れてキネ旬が主演賞3回、助演賞2回、毎日は主演2回と助演1回。柄本佑はキネ旬の主演賞と新人賞が1回ずつで、毎日の主演1回。奥田瑛二はキネ旬の主演1回、毎日の主演2回。安藤桃子は毎日の脚本賞1回。柄本明はキネ旬の主演と助演が1回ずつで、毎日では助演を1回受賞している。

「芸能一家と呼ばれる人は多いものの、名優と名クリエイターがそろっている点で、安藤家&柄本家が現在では群を抜いています。昨年のカンヌ国際映画祭で審査委員長のケイト・ブランシェットから『万引き家族』の演技を絶賛された安藤サクラが、今後も受賞回数を伸ばすことは間違いないでしょう」(映画ライター)

 ちなみに、安藤&柄本家が横に広がる一族なら、故・三國連太郎(本名は佐藤政雄)、佐藤浩市、寛一郎の3代にわたる俳優一家の佐藤家は縦の系譜。DNAと単純に言ってしまってはむしろ彼らに失礼であり、名優の子が名優とは限らないが、寛一郎は今年のキネ旬で新人男優賞を受賞。確実に日本映画界を代表する俳優へと歩み出した。こちらの活躍からも目が離せない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史