芸能

NHK大河「光る君へ」吉高由里子と柄本佑に期待してしまう「前貼り級」のカゲキ

 NHK大河ドラマ「光る君へ」が1月7日よりスタート。千年の時を超えるベストセラー「源氏物語」を書き上げた紫式部の生涯が描かれる。

 同ドラマは「ラブストーリーの名手」と呼ばれる大石静氏が脚本を務め、女優の吉高由里子が主役の紫式部を演じる。吉高は2008年放送の「篤姫」に於哲(おてつ)として出演。また、14年3月放送の連続テレビ小説「花子とアン」ではヒロインの村岡花子を演じており、今やすっかり「NHKの顔」といってもいいだろう。

「源氏物語」といえば男女の情念や恋愛模様が描かれているが、脚本を担当する大石氏は“平安時代の驚くような性やバイオレンスを描きたい”と語っており、これまでの大河ドラマとは少しばかりテイストが異なるのではないかと期待が集まっている。

 テレビ誌ライターが語る。

「どこまで濃密なラブストーリーが描かれるのか、今から楽しみです。吉高といえば2008年公開の映画『蛇にピアス』で体を張ったシーンを演じ見事、ブレイクを果たしている。一方、相手役の藤原道長を演じる柄本佑は19年に公開された映画『火口のふたり』で、女優の瀧内公美とのリアルな性描写が大きな話題となりました。そのためネット上では今から『大河史上初の前貼りか』などと淡い期待を寄せる声が上がっています(笑)」

 合戦シーンなどド派手なシチュエーションは無さそうなだけに、別の意味でド肝を抜いて欲しいものだ。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒