政治

大阪万博が「ジャニーズ起用」継続で「欧米が参加拒否」の開催危機【アサ芸プラス2023下半期BEST】

 どんどん費用が上乗せされ、会場建設費として当初の2倍以上のカネが注ぎ込まれる大阪万博。それでも岸田文雄総理や大阪の吉村洋文知事は、さらに国民の負担を強いる厚顔ぶりを見せている。参加を見送る国も出てくる中、芸能界との関係をめぐって「新たな問題」がくすぶっていた。(10月3日配信)

「非常に切羽詰まった状況にあります」

 9月20日、経団連の十倉雅和会長が厳しい認識を示したのは、2025年4月に開幕予定の大阪・関西万博だ。海外パビリオンの建設が大幅に遅れ、開催危機まで囁かれる中、新たなトラブルの火種がくすぶっていた。

「タレントさんは一生懸命やってくださっていますので、そういった意味では頑張ってもらいたいと思っています」

 吉村洋文大阪府知事が、ジャニーズタレントの起用継続を宣言したのは、9月13日の囲み会見でのことである。芸能記者が解説する。

「関ジャニ∞は2018年から、大阪観光のシンボルキャラクターを務めています。その縁で万博関連のイベントやPR番組に関わってきたのですが、そこへ発覚したのが故ジャニー喜多川氏の性加害問題。被害者は3ケタに達するとの見方もあり、世界的に見ても、人類史上最悪の児童虐待事件と認知されています。そんな人物の名を冠したグループが万博のPRに関わることに、世界からは厳しい目が向けられそうです」

 事実、9月4日にジャニーズ事務所が会見を開き、新社長の東山紀之が社名の存続を発表すると、日本航空や日産自動車、日本マクドナルド、サントリーHDといった大企業がCMの放送休止や契約の見直しへと舵を切った。

 大阪万博の関係者は、頭を抱えながらこう打ち明ける。

「海外と取引を行う企業ならば、(契約見直しは)当然の判断。ジャニーズのタレントを起用することは『性犯罪に寛容です』とプラカードを掲げているようなもの。もし今後も万博のイベントに彼らを出席させ続ければ、欧米の人権団体やメディア、さらに万博の海外パビリオンに出資するスポンサー企業も黙ってはいないでしょう」

 そこで浮上してきた「最悪のシナリオ」とは…。

「ジャニーズ問題を大きく報じているのがイギリス、フランス、そしてアメリカ。このうち1カ国でもボイコットとなれば、雪崩を打って参加拒否する国が続出してもおかしくありません」(前出・万博関係者)

 先の「吉村発言」について、元衆議院議員で政治団体「赤字黒字」代表の安藤裕氏は「大前提として(潔白の)タレント個人に非はない」とした上で、

「東京都や愛知県の知事がジャニーズ事務所との契約に条件付きで『NO』を突きつける中、リスクを伴う吉村知事の判断はある意味、男気を感じさせるものでした。しかし、先日に発覚した公設秘書の二重報酬問題でもそうでしたが、対応がコロコロと変わる。ジャニーズの件についても、世間の反応を見てひっくり返す可能性は十分にあります。維新の会にはポリシーが感じられない。彼らの目的は政策の実現ではなく、選挙で勝つことです。だから今回のジャニーズの件にしても、ファンへの忖度とも受け取れる。極めて内向きな政党なので、海外の反応などは二の次で、目の前の選挙が最優先なのでしょう」

 9月19日にはジャニーズ事務所が社名変更を検討していることがわかった。吉村府知事の対応に耳目が集まっている。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」