芸能

ビートたけしの名言集「一心不乱にチーズフォンデュを食べる!」

「俺も今度、チーズフォンデュの本を出そうかと思って。『たけしとフォンデュ』」

 少し前、なぜか殿とスイスの山岳地帯の郷土料理・チーズフォンデュを食べる機会があったのですが、殿が一心不乱に小さく切ったパンにチーズをひたひたとフォンデュする姿がやたらおかしく、ついふざけたくなったわたくしが「殿、このチーズフォンデュはいけますね。もう僕、フォンデュしないと生きていけない体になってしまいました」と、フォンデュをダシにふざけ出すと、殿はすぐさま、ふざけに乗る形で、冒頭の“チーズフォンデュボケ”を放り込んできたのです。

 こうなると、殿のフォンデュボケは止まりません。

「俺が昔、足立区のフォンデュボーイって言われてたの知ってる?」

「あれだよ。昔、北千住に住んでた頃、北フォンデュ、南フォンデュって駅があったんだから」

 等々、思いつくままのボケを食卓で炸裂させていました。殿はこういった形で“弟子のボケに乗って、どんどん負けじとボケていく”といったやり取りを、実によく実践します。

 15年程前、殿のもとに、ある方から国産のワインが山のように送られてきたことがあり、殿はそのワインを「俺はいいから、お前らで飲め」と、ほとんど口にすることなく、わたくしたちが頂いておりました。

 当時、殿のもとには、国産ワインの他に、恐ろしく値の張るビンテージワインもよく送られてきていたため、順番的に殿が国産ワインを口にするタイミングがなく、わたくしたち弟子が遠慮なくガブガブと頂いていたのでした。そんな光景を見ていた殿は、もう我慢ができないといった感じで、「お前たち、しかしうまそうに飲むな~。やっぱり一口くれ」と、ボケるので、わたくしたちも「殿には国産物はまだ早いです。僕たち、もうこれを飲まないと、眠れない体になってしまいました」と、ボケで返すと、最後には殿が、

「よし、こうしよう。俺がいつも飲んでるこっちの高いワインと交換しよう。それで山梨あたりに土地買って、みんなでワインを作ろう」

 と、ノリにノッて、その日の軽いボケ合戦を締めくくったのでした。話をフォンデュへ戻します。

 とにかくやたらと楽しいチーズフォンデュ晩さん会があった5日後、殿に会い、「殿、先日はチーズフォンデュ、ご馳走様でした」と、わざと仰々しくお礼を述べると、

「おう。あれ、結構いけたからよ、あの後もう1回チャレンジして、またフォンデュしちまったよ」

 と、1週間に2回もフォンデュした事実を、さらりと告白したのでした。とにかく〈ビートたけし70にしてチーズフォンデュにハマる〉です。で、これは勝手な推測ですが、もしかしたら殿の前世は、アルプスのチーズ職人だったのではないかと──。そう思うと、殿があれほどうれしそうにフォンデュする姿も、わたくし、納得がいくのです。はい。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」