政治

小泉進次郎「日本をひっくり返す!」(2)大物2世、3世議員も集結

 今後の進次郎にとって青年局の役員懇談会は単なる親睦会以上の意味合いも持っているという。

 永田町関係者が明かす。

「これまで役員懇談会は、不定期の木曜日開催。これは自民党の各派閥が、毎週木曜日に定例会を開いているだけに、日程が定期化できなかった。しかし、今回の役員会では、小泉氏は曜日をずらして金曜日に開催することにした。不定期の懇談会よりも定期化することにより形骸化した役員懇談会を、より政策提言を含めた積極的な位置づけにしたいという思惑もあるようだ。内容もこれまでよりも一歩踏み込んだ勉強会に近いもので、安全保障や社会保障もテーマに話し合うといいます。いわば、“若手の政策集団”と言っても過言ではないでしょう」

 しかも青年局の若手議員の面々は、かつて自民党の中枢を担っていた2世、3世議員の顔ぶれが目立つ。

「小泉元総理と2度にわたって総裁選で争った橋本龍太郎元総理の次男・岳氏や『偉大なるイエスマン』として尽くした武部勤元幹事長の長男・新氏もいる。他にも官房長官を務めた福田康夫元総理の長男・達夫氏や、政調会長だった中川秀直氏の次男・俊直氏など、今後の自民党を担う若手が勢ぞろいしています」(政治評論家)

 そうした若手のトップとして、青年局長である進次郎が夏の参議院選挙や震災復興の陣頭指揮に当たるというのだから、自民党内部からも“警戒感”が飛び出すのも無理はない。

「青年局所属議員にとって、国民的人気の高い進次郎と行動を共にすることは選挙の際に格好のアピールとなる。進次郎にとっても今後に備えて、横のつながりを作りたいという狙いはあるでしょう。政策が近く気心の知れた議員がしぼり込まれていけば、進次郎グループのような形になるかもしれません」(前出・自民党関係者)

 これまで自民党の若手議員グループといえば、05年衆院選で当選した83人の小泉チルドレンによる「83会」が記憶に新しい。08年の総裁選では、83会のメンバーが中心となって小泉元総理の再登板を支持するなど、政局にも絡んだ。自民党中堅議員は警戒交じりにこう話す。

「83会と違って、青年局には進次郎という核があるのでインパクトは強い。政策決定の過程で執行部にモノ申す場面も出てくるだろう」

 あまりにも不気味な青年局の“旗揚げ”のインパクトは、永田町にも大きな波紋を広げつつあるのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え