政治

小泉進次郎「日本をひっくり返す!」(3)“地方蜂起”の先兵となる

 進次郎といえば、その政界での存在感ばかりがクローズアップされるものの、具体的にどのような政策があるのかいまひとつ見えにくいのも事実。

 前出・永田町関係者によれば、

「政策としては『明るい未来のための社会保障』や『より平和で安定した安全保障環境の追求』をあげていますが、具体性に欠け大ざっぱな印象が否めない。進次郎本人も自覚しているようで、メディアの単独取材を拒み続けているのは、政策面を突っ込まれたくないからだとも言われています」

 だが、今後は与党の一員として法案を実現していく責任が生じる。有権者もより具体的な政策論を求めてくるはずだ。

「進次郎自身が、すでに弱点克服のための準備は怠っていない。同期議員との勉強会では、財務官僚に予算作成の方法を聞いたり、シンクタンクのスタッフに再生可能エネルギーについてのレクチャーを受けたりもしています。また、国会で普天間基地について質問する際には、軍事アナリストにレク(説明)をしてもらう周到さがある」(前出・永田町関係者)

 安倍総理同様、改憲論者でもあるようで、09年の初出馬時に読売新聞のアンケートで「改憲はしたほうがよい」と回答。改正項目として「自衛軍保持」などをあげている。

 進次郎を長く取材し続けている政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏がこう話す。

「外交や安全保障などの大きなテーマについては、まだ勉強中というのが現状でしょう。ただ、内政については着実にステップを踏んでいる。被災地復興には、総務、経産、国交、厚労など多くの省庁が関わってくる。1期目の3年半、被災地を徹底的に回ってきたことによって、これら内政官庁のマター(問題解決の手法)については間違いなく精通してきている」

 青年局長としての活動や国会での発言を通じて、浮かび上がってくるキーワードが「地方蜂起」である。

 自民党関係者が明かす。

「進次郎が務める青年局長のポジションは地方の意見をくみ上げて、それを国政に反映させるという役割もある。加えて重点政策として震災復興を掲げ、何度も被災地に足を運び、被災者たちと意見交換を繰り返した実績は大きい。これまでの自民党は地方の声や若手の意見が中央に届きにくかったが、進次郎はこの状況を一変させようとしている。つまり、政策よりも地方や若者の先兵として国会から発信することが、政治家としての当面の目標なのです」

カテゴリー: 政治   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
4
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!
5
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”