政治

小泉進次郎「日本をひっくり返す!」(3)“地方蜂起”の先兵となる

 進次郎といえば、その政界での存在感ばかりがクローズアップされるものの、具体的にどのような政策があるのかいまひとつ見えにくいのも事実。

 前出・永田町関係者によれば、

「政策としては『明るい未来のための社会保障』や『より平和で安定した安全保障環境の追求』をあげていますが、具体性に欠け大ざっぱな印象が否めない。進次郎本人も自覚しているようで、メディアの単独取材を拒み続けているのは、政策面を突っ込まれたくないからだとも言われています」

 だが、今後は与党の一員として法案を実現していく責任が生じる。有権者もより具体的な政策論を求めてくるはずだ。

「進次郎自身が、すでに弱点克服のための準備は怠っていない。同期議員との勉強会では、財務官僚に予算作成の方法を聞いたり、シンクタンクのスタッフに再生可能エネルギーについてのレクチャーを受けたりもしています。また、国会で普天間基地について質問する際には、軍事アナリストにレク(説明)をしてもらう周到さがある」(前出・永田町関係者)

 安倍総理同様、改憲論者でもあるようで、09年の初出馬時に読売新聞のアンケートで「改憲はしたほうがよい」と回答。改正項目として「自衛軍保持」などをあげている。

 進次郎を長く取材し続けている政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏がこう話す。

「外交や安全保障などの大きなテーマについては、まだ勉強中というのが現状でしょう。ただ、内政については着実にステップを踏んでいる。被災地復興には、総務、経産、国交、厚労など多くの省庁が関わってくる。1期目の3年半、被災地を徹底的に回ってきたことによって、これら内政官庁のマター(問題解決の手法)については間違いなく精通してきている」

 青年局長としての活動や国会での発言を通じて、浮かび上がってくるキーワードが「地方蜂起」である。

 自民党関係者が明かす。

「進次郎が務める青年局長のポジションは地方の意見をくみ上げて、それを国政に反映させるという役割もある。加えて重点政策として震災復興を掲げ、何度も被災地に足を運び、被災者たちと意見交換を繰り返した実績は大きい。これまでの自民党は地方の声や若手の意見が中央に届きにくかったが、進次郎はこの状況を一変させようとしている。つまり、政策よりも地方や若者の先兵として国会から発信することが、政治家としての当面の目標なのです」

カテゴリー: 政治   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」