芸能

小室哲哉「覆面プロデューサー復帰」でわかった赤貧生活(2)KEIKOを復帰させる!?

 さらにここにきて小室が金策に走り回るのには、他の理由も挙げられている。芸能プロダクション幹部が語る。

「実は小室とKEIKOの離婚が時間の問題と言われています。現在、要介護と言われていたKEIKOですが、実際は、リハビリなどで後遺症が改善。日常生活には不自由していないことも、親族が一部マスコミに証言している。むしろKEIKOのネガティブな病状を喧伝する小室に対し、KEIKO側は不信感を強めるほどで、今年1月にはKEIKOが実家のある大分から上京。関係者と善後策を話し合っただけに、正式に離婚となれば当然、慰謝料が発生する。小室にとっては赤貧ぶりに拍車がかかりかねない」

 バツ2の小室が02年に前妻のAsami(43)と離婚した際に、その慰謝料は7億円以上だっただけに、長年連れ添ったKEIKOへの慰謝料はかなりの高額になることは間違いない。だが小室は周囲に対し、KEIKOとの仲が円満だと吹聴しているという。

「小室さんは覆面プロデューサーの提案が進展しないとみるや『KEIKOを復帰させればプロデュースさせてくれるか?』と言いだした。その時は『上に確認します』と言って話を終わらせたのですが、年が明けてからも何かにつけ『仕事させろ』と連絡してくるそうです」(エイベックス関係者)

 小室を知る関係者ならば、2人の関係破綻は周知の事実。ましてやKEIKOとの共演はありえないだけに、覆面プロデューサー復帰は、一方的なラブコールに終わりそうな雲行きだ。

「仮に小室さんのプロジェクトが動けば、人件費やスタジオ代など、数千万円単位のカネが動くことになります。現場の人間には『センスが古臭い60歳のおっさんにそんなにカネをかけるくらいなら、俺たちの給料を上げてくれよ』と毒づくスタッフもいるとか。CDが売れない時代においては、かつてのヒットメーカーもただのお荷物。一度前例を作ると、今後も膨大な制作費をたれ流すことになる。現場からは上層部に何の報告もしていないそうです」(エイベックス関係者)

 かつて時代の寵児と言われた小室にしては、あまりにも寂しい晩節と言えよう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
2
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
3
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々