スポーツ

松坂大輔「右肩痛再発」隠蔽で「引退危機」(2)不備が指摘されている球団

「結果的に松坂の右肩を破壊した悪質ファンの犯人捜しは行われました。今、各キャンプ地では選手にムチャな接触をして動画を撮影しようとするユーチューバーや高額転売目的でプロ野球のトレーディングカードにサインを求める外国人などが問題になっている。今回、球団は誰が転売目的で近寄っているか、だいたい把握し、基地勤務の外国人説も流れましたが、それは誤報だったようです。そして真犯人については、球団も本人も目星はついているといいます。それでも松坂は“犯人捜しはやめてほしい”と男気を見せ、球団も追及しない方針を固めたんです。犯人が出てくることで、ヘタな証言が出て、もともと肩が悪かったという話になることを恐れたのかもしれません」(球界関係者)

 松坂のこの重大事故は2月10日の臨時サイン会での出来事だった。現場は大パニックとなったが、そのもみくちゃにされた中で右肩を引っ張られたとみられている。本来なら球団サイドが再発防止のために何らかの手を打たねばならなかったはずだが、対応は鈍く、鎮静化を待つような消極姿勢だった。警備面を含め不備が指摘されている球団にとって、これ以上、この問題をつつかれたくないという“隠蔽工作”の思惑もあったようだ。

「現場はいちおう、5月復帰を口にしていますが、何の根拠もありません。MRI検査をしてもなかなか異常は見つからず、肩の状態は本人にしかわからないんです。キャンプをまったくやっていないわけですから、キャッチボールを始めてから2~3カ月後が最速の復帰でしょう。それでも右肩の状況がどう動くかは予測不能。調子を上げていく途中で痛みが再発する危険性もある。そうなれば手術の可能性も出てくるし、最悪、今季1試合も登板できない状況も考えられます」(スポーツ紙デスク)

 今季0勝に終われば、来年で40歳となる松坂と球団が再契約するかどうか、という問題が浮上してくる。

 それでも球団サイドは、いるだけで客が呼べ、グッズも売れる松坂に戦力外通告を行う考えはなく「1年でも長く現役を続けてもらいたい」との方向で固まっているという。

「今季のキャンプでグッズの売り上げが1億円を突破したのも、『99』から『18』に変わった松坂の新ユニホームなど関連グッズが売れたことが要因です。人気面を考えると、現場がいらないと強く訴えないかぎり、戦力外という選択肢はないんです」(ドラ番記者)

 その現場責任者である与田剛監督(53)と松坂は蜜月関係にある。09年WBCの優勝時、与田監督が投手コーチで松坂がエースだったという絆があり、NHK解説者としてメジャー時代の松坂を米国にたびたび訪ねていた際にも2人は親交を温めた。大きな信頼関係で結ばれているのだ。

「与田監督がいちばん、松坂のチーム内外に与える影響力をわかっており、プライベートでのつながりもあるので、口が裂けても『いらない』とは言えません。治ったらタイミングを見て使うと気長に構えていますよ」(ドラ番記者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?