スポーツ

松坂大輔「右肩痛再発」隠蔽で「引退危機」(2)不備が指摘されている球団

「結果的に松坂の右肩を破壊した悪質ファンの犯人捜しは行われました。今、各キャンプ地では選手にムチャな接触をして動画を撮影しようとするユーチューバーや高額転売目的でプロ野球のトレーディングカードにサインを求める外国人などが問題になっている。今回、球団は誰が転売目的で近寄っているか、だいたい把握し、基地勤務の外国人説も流れましたが、それは誤報だったようです。そして真犯人については、球団も本人も目星はついているといいます。それでも松坂は“犯人捜しはやめてほしい”と男気を見せ、球団も追及しない方針を固めたんです。犯人が出てくることで、ヘタな証言が出て、もともと肩が悪かったという話になることを恐れたのかもしれません」(球界関係者)

 松坂のこの重大事故は2月10日の臨時サイン会での出来事だった。現場は大パニックとなったが、そのもみくちゃにされた中で右肩を引っ張られたとみられている。本来なら球団サイドが再発防止のために何らかの手を打たねばならなかったはずだが、対応は鈍く、鎮静化を待つような消極姿勢だった。警備面を含め不備が指摘されている球団にとって、これ以上、この問題をつつかれたくないという“隠蔽工作”の思惑もあったようだ。

「現場はいちおう、5月復帰を口にしていますが、何の根拠もありません。MRI検査をしてもなかなか異常は見つからず、肩の状態は本人にしかわからないんです。キャンプをまったくやっていないわけですから、キャッチボールを始めてから2~3カ月後が最速の復帰でしょう。それでも右肩の状況がどう動くかは予測不能。調子を上げていく途中で痛みが再発する危険性もある。そうなれば手術の可能性も出てくるし、最悪、今季1試合も登板できない状況も考えられます」(スポーツ紙デスク)

 今季0勝に終われば、来年で40歳となる松坂と球団が再契約するかどうか、という問題が浮上してくる。

 それでも球団サイドは、いるだけで客が呼べ、グッズも売れる松坂に戦力外通告を行う考えはなく「1年でも長く現役を続けてもらいたい」との方向で固まっているという。

「今季のキャンプでグッズの売り上げが1億円を突破したのも、『99』から『18』に変わった松坂の新ユニホームなど関連グッズが売れたことが要因です。人気面を考えると、現場がいらないと強く訴えないかぎり、戦力外という選択肢はないんです」(ドラ番記者)

 その現場責任者である与田剛監督(53)と松坂は蜜月関係にある。09年WBCの優勝時、与田監督が投手コーチで松坂がエースだったという絆があり、NHK解説者としてメジャー時代の松坂を米国にたびたび訪ねていた際にも2人は親交を温めた。大きな信頼関係で結ばれているのだ。

「与田監督がいちばん、松坂のチーム内外に与える影響力をわかっており、プライベートでのつながりもあるので、口が裂けても『いらない』とは言えません。治ったらタイミングを見て使うと気長に構えていますよ」(ドラ番記者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
4
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
5
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」