芸能

「昭和・平成」有名人の衝撃自死(3)沖田浩之、俳優転向の中で感じた「辛さ」

 1981年に「週刊少年ジャンプ」でスタートしてから現在まで、世界中のサッカー選手に影響を与えているサッカー漫画の金字塔「キャプテン翼」。

 現在も第4作目となるアニメがテレビ東京などで放送されているが、オールドファンを喜ばせているのは、エンディングテーマが第1作にも使用されていた「燃えてヒーロー」であることだろう。今、歌っているのは主人公の大空翼ほか登場キャラクターの声優陣だが、第1作では1980年に「3年B組金八先生」の第2シリーズで人気者となり、翌年「E気持」で歌手デビューして大ブレイクした、沖田浩之さんが務めていた。

 しかし、「キャプテン翼」が何度もアニメ化され、そのたびに多くの少年たちを夢中にする一方で、沖田さんは99年、自宅で首を吊って自死するという最期を遂げており、その肉声を聞くことはもうできない。

 沖田さんは、84年に歌手活動最後のコンサートを開催し、大手プロダクションを退社。個人事務所を設立して俳優業に専念したが、思うような活躍はできなかった。

「後に津川雅彦さんが代表を務めるグランパパプロダクションに所属するようになり、99年には、津川さんも出演していた『サラリーマン金太郎』(TBS系)に出演。企業乗っ取りをはかる敵役を魅力的に演じていましたが、『金太郎』の終了直後に36歳という若さでみずからその生涯に幕を下ろしました。当時、沖田の祖父、父親、兄、沖田と、3代で実に4人もの自死者を出していることも、衝撃的に報じられました」(芸能リポーター)

 若き日の沖田をよく知る武田鉄矢は、「今まで格好いい生き方してきた彼には辛かったのかもしれない」と、アイドル時代の絶頂を知るがゆえに苦しんだ沖田さんの心情を慮ったのだった。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子、「“大人の夜の玩具”使用疑惑」でSNSに“下世話コメ”殺到の地獄絵図!
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
倖田來未のバストの先に「茶色のモノ」が!肌見せ大胆ドレス姿に“事故”疑惑