芸能

米倉涼子、「ドクターX」数字持ち直すも“他局ドラマに寄せすぎ”指摘のワケ

 女優・米倉涼子が主演を務める連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)のシリーズ7の第3話が10月29日に放送された。視聴率は16.6%(世帯視聴率)で、初回の19.0%からガクンと下がった前話15.9%から多少の右肩上がりを見せ、人気シリーズの底力を見せたと言えるのではないか。

 ちなみにシリーズ1では、ほぼ毎回17%台を記録しつつ、20%台を初めて超えたのは第7話と8話(最終話)のみ。今後の中盤戦からが本領発揮といったところ。

 とはいえ、あるドラマライターは、「過去の数字の中では決してよいほうではない」と指摘する。今話での伸び悩みはどの辺りが原因なのか。続けてもらおう。

「第3話は、杉田かおる扮する東帝大学病院の広報室長・三国蝶子が、倒れて緊急オペをすることになる、というのが話の本筋でした。冒頭で、宮川一朗太扮する厚生労働事務次官・神部八尋との会食が科研費を巡る法律違反の接待ではないか、と週刊誌にリークされてしまう。病院に押し寄せるマスコミへの対応中に倒れ、入院した三国のところへ、川上麻衣子扮する神戸の妻・久美子が、不貞を疑って怒鳴りこんでくるのですが…。これには、他局であるTBS系の人気シリーズ『3年B組金八先生』の第1シリーズに出演していた杉田と、第2シリーズに出演していた川上の対決が見物だったわけですが、“懐かしい”とおもしろがってくれるターゲット層があまりにも狭すぎるのでは?という感想を持ちましたね」

 脇を固めるキャストへの不満もあるようだと、このドラマライターは続ける。

「《小藪は、要らんでしょう。野村萬斎氏の怪演をつぶしてくれるな》など、内科副部長・鍬形忠役で出演している小藪千豊に対する厳しい指摘が、思いのほか多かった。ただ、これは、『ドクターX』に限ったことではなく、《ドラマにお笑い芸人枠って必要なの》といった声も最近はよく見られ、だから『日本のドラマは…』などと、日本のドラマ論に発展させて論じるような声もありました」

 次回は、元東京テレビのフリーアナ・鷲見玲奈がゲスト出演するという。大門の無敵キャラにどんな風貌と役柄で挑むのか?お手並み拝見といったところか。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
本田望結が「男性経験人数」をカミングアウト!結婚するのは24歳で…