芸能

“便乗”批判も!坂口杏里、ヒアルロン酸注入で囁かれる「芸能界復帰」皮算用!

 3月12日、ツイッターとインスタグラムにおいて美容クリニックで鼻にヒアルロン酸を注入したことを告白した坂口杏里だが、やはり批判の声があがった。

「坂口はそこで、施術を担当した医師との2人で写ったショットとともに、施術のビフォー&アフターの写真も載せ《これでコンプレックスが少しづつ無くなっていく!》と喜びを語っていました。確かに施術の前後の写真を見比べると鼻筋が変わっているのがわかるのですが、そこは坂口。アップ直後からネット上で《これで綺麗になったのか?》《何を今さら》《外見は変わっても中身は変わらない》と、散々の言われようだったのです。しかも、このタイミングでの顔面工事報告に《有村藍里に便乗したな》というツッコミも数多く見られる有様でした」(ネットウオッチャー)

 有村架純の姉・有村藍里が顔のコンプレックスを打ち明け、美容整形の様子まで伝えた「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ系)が放送されたのは3月3日。その視聴率は、日曜日の昼の時間帯にして8.9%と驚異の視聴率を叩き出し、藍里の整形手術を受けたいという切なる思いと、術後の成功ぶりに称賛の声があがった。

「その放送後からは、整形そのものに対しての議論も高まり、“決して整形は恥じるものではない”といった意見が席巻しました。坂口の今回の報告でも《#可愛いは正義》《#可愛いは作れる》との主張が綴られているため、まあ“便乗した”と思われても仕方がないでしょう。藍里の放送があまりに好評だったため、ここへ来てテレビ各局が整形を取り上げる番組企画を検討し始めているという話もあり、彼女も芸能界復帰へ向けそのあたりを狙っているのかもしれませんね」(夕刊紙記者)

 とはいえ、お騒がせ案件の多い彼女だけに、仮にそんな思惑があるとしても、そううまく事が運ぶかどうか心配だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」