芸能

ピエール瀧、“20代から使用”供述で浮上した性サービス店ルポの過去との関係!

「夕方からご自宅の前に大きな車が停まっていたので、お迎えの車かと思っていたら、まさか家宅捜索だったなんてねぇ。前に大雪が降った時、犬の散歩中に家の前でバッタリお会いしたら、突然駆け寄ってきて、うちのフレンチブルドッグに『大丈夫ですか! 寒くないんですか!』と声をかけてくれるような優しい方だったのに…」

 逮捕当日の様子を目撃した近隣住民はいまだ信じられないといった顔つきで振り返る。

 芸能界に激震が走ったのは、この家宅捜索から約6時間後、3月13日未明のこと。厚生省の捜査当局、通称「マトリ」が、ピエール瀧容疑者(51)の法律違反の薬物を使用したとして、緊急逮捕したのである。瀧容疑者は検査で陽性反応が出たことで、「使用したことは間違いありません」と容疑を認めたという。

 その後の取調べでは、「20代から使用していた」と、長期にわたる服用を明かした瀧容疑者。その知られざる「過去の副業」をベテランのライターが明かす。

「一時期、夜の歓楽街で大人の性サービス店の突撃レポーターとして活動していたんです。みずから『ノーギャラでもいいから』とその手の情報誌の編集部に頼み込んで、毎回、女の子とイチャイチャしては、いかに気持ちいいかをレポート。時にはカメラ持参で“カラミ写真”を掲載することもありました」

 近年は音楽活動の枠を超えて俳優業に本格進出。13年公開の「凶悪」(日活)で日本アカデミー賞で優秀助演男優賞に輝いた“名優”にそんな過去があったとは驚き。あるいはその頃、すでに逮捕容疑となった薬物を使っていたせいでぶっ飛んだルポができたのかどうか。

 3月19日発売の「週刊アサヒ芸能」3月28日号では、そんな瀧容疑者の奇行の数々を詳細にレポートしている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?