スポーツ

「不出馬」発言の元貴乃花にやっぱり浮上した「スポーツ庁長官」就任シナリオ!

 政界は、まだ“貴乃花の出馬”をまだあきらめていなかった。

「今夏の参議院議員選挙が行われる頃、元貴乃花親方はすでに他のスケジュールを入れてしまいました。アメリカの大学での講師役で、もう断れないことを明言し、それが政界進出の噂を完全否定する根拠ともなりました」(スポーツ紙記者)

 だが、元貴乃花親方こと花田光司氏を候補者の目玉に据えたいとする自民党は、すでに別の方法も画策していた。

 花田氏の大学講師の話と前後して飛び込んできた話がある。スポーツ庁長官・鈴木大地氏の出馬説だ。元競泳日本代表選手、ソウル五輪100m背泳ぎ金メダリストの鈴木氏は15年にスポーツ庁長官に任命されたが、政治家ではない。日本水泳連盟理事など、スポーツの裏方の仕事を務めてきた。その実績を買われ、初代スポーツ庁長官に選ばれた“民間人の長官”だ。

「鈴木氏は長官として仕事を続けてきて、政治に興味を持ち始めたと聞いています。今夏の出馬もあり得ると」(政治部記者)

 大臣、長官は民間人でも就任できる。出馬の話が実現すれば、与党自民党は間違いなく、「選挙の顔」となり、当選も果たすだろう。

 鈴木氏を長官のまま出馬させることもできるが、目下、永田町界隈で囁かれているのが、“政治家・鈴木”は別の要職に就けるという話。東京五輪を踏まえての五輪・パラリン相入りも囁かれているのだ。その場合、新たなスポーツ庁長官を決めなければならない。後任として急浮上してきたのが、花田氏なのだ。

「昨年、日大アメフト部の暴力的指導が明るみに出て以来、与野党を問わず、学生スポーツ、部活動に関する改革を急ぎたいとする向きが強まっています。花田氏は相撲界の改革を訴えたので、彼を選ぶのは国民にもわかりやすい人事なんです」(前出・政治部記者)

 そういえば、花田氏と自民党要人の会食が一部メディアで報じられた。その場で“民間から選ばれた長官”の話が出たかどうかは定かではないが、不出馬説はもう少し様子を見たほうが良さそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
2
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?
3
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
4
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
5
「夫のピンク店通い」も笑い飛ばし…蒼井優“内助の功”に女性人気が爆上がり!