スポーツ

伝説の「平成・春のセンバツ対決」90年北陽VS新田は延長17回の末に…!

 1990年に開催された第62回春の選抜高校野球は全31試合中15試合が1点差、延長戦が6試合、サヨナラゲームが5試合と、連日のように熱戦が展開された大会となった。

 中でも頂点と呼べる試合が、準決勝第2試合の北陽(現・関大北陽=大阪)対新田(愛媛)の一戦である。

この試合に先立って行われた準決勝第1試合の近大付(大阪)対東海大甲府(山梨)戦は、延長13回までもつれる大熱戦だったため(結果は5‐4で近大付がサヨナラ勝ち)、スタンドには、まだ余韻が残っていた。その熱気冷めやらぬ中、試合開始。見どころは北陽が擁する大会屈指の好投手・寺前正雄(元・近鉄)の右腕対準々決勝までの3試合で5本塁打を放っていた新田の強力打線だった。とはいえ、この時の北陽は関西のみならず全国的にも屈指の名門校。対する新田はこの大会が春夏通じて初めての甲子園で、多くの高校野球ファンが、明日の近大付との“大阪対決”を思い描くのは無理もなかった。

 試合は2回裏に早くも動いた。大方の予想を裏切って新田が先制。ヒット2本と四球で得た1死満塁のチャンスで北陽の三塁手・宮迫繁之が手痛いエラー。新田が1点を先取したことで俄然試合がおもしろくなったのであった。

 この後、寺前は立ち直り新田打線をほぼ完璧に封じていく。すると6回表に北陽が反撃。2つの死球に2本の長短打を集めて一挙に3点。逆転に成功したのだ。このまま北陽が押し切るかに思われたのだが、8回裏のことだった。3回以降、新田打線は寺前に単打2本に抑えられていたが、この回先頭の1番・池田幸徳が新田打線にとってこの試合初の長打で出塁。その後、2死三塁となるもここで4番の宮下典明(元・近鉄)がこの大会2本目となるレフトスタンドへの起死回生の同点2ランを放ったのである。こうなると追いついたほうが精神的に優位に立つ。続く9回裏に新田は1死三塁という絶好のサヨナラの場面を作ることに成功。しかし寺前はさすが大会屈指の好投手だった。新田ベンチの作戦を見破り、スクイズを外しこの絶体絶命のピンチを脱したのである。

 延長戦に入ると、悪天候もあり試合途中から照明が点灯。春の選抜の準決勝としては非常に珍しいナイターとなった。そのカクテル光線の下、北陽は依然として寺前が、新田は8回から登板の3番手・山本雅章が渾身の投球を見せ、緊迫した投手戦が続いたのである。

 当時は今のようにタイブレークもなければ、延長15回同点引き分け制でもなかった時代。気づけば16回が終了。そしてこの熱戦を見守っていた誰もが延長18回引き分け再試合になると覚悟した延長17回裏。この回先頭の新田の1番・池田が寺前の投じた238球目をレフトスタンドへ叩き込んだのである。池田にとってはこの大会2号となる劇的なサヨナラソロによって、3時間34分の激闘に終止符が打たれたのだった。

 この熱戦の疲れが残っていたのか、翌日に行われた決勝戦で新田は近大付の前に2‐5で敗退、惜しくも準優勝に終わった。とはいえ、この大会で新田はある快挙をも成し遂げていた。2回戦の日大藤沢(神奈川)戦でも9回裏に5‐4という劇的なサヨナラ勝ちを収めているのだが、その幕切れが4番・宮下による逆転サヨナラ3ランだったのだ。春夏の甲子園大会を通じて1つの大会で同一チームが2度、サヨナラ本塁打をマークしたのは今もってこの時の新田が最初で最後。この時の新田の快進撃を熱心な高校野球ファンは“ミラクル新田”と、今なお讃え続けている。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?