芸能

鈴木京香「長谷川博己」との結婚を阻む障壁(1)長年連れ添った夫婦みたい

 無名の俳優を全国区の人気者にまで育て上げた「あげまん」の鈴木京香。9年の交際期間でたびたび「結婚間近」と報じられてきたが、結局、入籍することなく独身ライフを貫いてきた。芸能界随一のビッグカップルがゴールインを「決断」できない最大のワケとは何か──。

 交際9年目を迎えた鈴木京香(50)と長谷川博己(42)の大型カップルの交際について、「女性自身」(3月26日号)が新展開を報じた。

「オフの日に2人で過ごせるように、京香が京都にセカンドハウスを借りたという内容でした。著名な建築家が設計したデザイナーズ住宅で、家賃は20万~30万円前後の人気物件だと紹介しています」(芸能記者)

 都内の京香のマンションで同棲生活が続く中、近所の高級焼き鳥屋でもたびたびツーショットが目撃されていた。芸能評論家の三杉武氏はこう話す。

「常連客に聞いたところ、紹介制のお店で、知った顔ばかりということもあって、2人は部屋着のようなラフな格好で来ていました。京香さんはいつもリラックスした表情を見せていて仲むつまじく、新婚というより長年連れ添った夫婦みたいな感じだったそうです」

 京香と長谷川の交際のきっかけは、10年に放送された「セカンドバージン」(NHK)での共演だ。京香演じる出版プロデューサーと長谷川が扮する金融マンの不倫愛を描き、激しいベッドシーンが話題になると、呼応して私生活でも燃え上がるような2人の恋愛がスタートしたのだった。

 当時まだ無名だった「8歳年下男」の長谷川は京香との交際を機に知名度が上がると、ドラマ「家政婦のミタ」(11年、日本テレビ系)や「MOZU」(14年、TBS系)、映画では「シン・ゴジラ」(16年、東宝)など人気作品に相次いで出演、存在感のある演技が評判となる。

 かくて、現在出演中の朝ドラ「まんぷく」(NHK)では、視聴率20%台超えを連発し、全国区の人気俳優となったのだ。

「2月末にクランクアップしました。撮影中は主役の安藤サクラさんが赤ちゃんを連れてきていて、長谷川さんが抱き上げたりしていたんです。赤ちゃんも懐くようになって、『ぺいちゃん、ぺいちゃん』と長谷川さんのことを役名(立花萬平)で呼んでいました」(現場スタッフ)

 すでに来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」では明智光秀役で主演も決定し、仕事は順風満帆である。

 一方の京香も昨年に芸能生活30周年を迎え、タレントの藤井隆プロデュースで音楽活動に挑戦。2月27日に初のシングル「dress-ing」を発売した。

「波瑠とのコンビで視聴率好調だった18年春のドラマ『未解決の女』(テレビ朝日系)も評判がよく、続編の撮影がすでに始まっています」(芸能記者)

 お互い多忙を極める中、これまで何度か結婚のタイミングがあったとみられているが、「延期」を繰り返してきた。最初に結婚が報じられたのは14年の正月、「スポーツ報知」が〈春に結婚へ〉とスッパ抜いたのだが‥‥。

「13年夏頃から実際に結婚の話が出ていたのですが、まだ京香の実家に挨拶に行く前でした。先に報道が出てしまったことに2人は激怒し、完全否定することを話し合って決めたんです。その後の映画の会見でも、京香は質問にダンマリを決め込みました」(芸能記者)

 マスコミ報道に反発したことで、結婚予定が流れてしまったのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”