芸能

鈴木京香「長谷川博己」との結婚を阻む障壁(1)長年連れ添った夫婦みたい

 無名の俳優を全国区の人気者にまで育て上げた「あげまん」の鈴木京香。9年の交際期間でたびたび「結婚間近」と報じられてきたが、結局、入籍することなく独身ライフを貫いてきた。芸能界随一のビッグカップルがゴールインを「決断」できない最大のワケとは何か──。

 交際9年目を迎えた鈴木京香(50)と長谷川博己(42)の大型カップルの交際について、「女性自身」(3月26日号)が新展開を報じた。

「オフの日に2人で過ごせるように、京香が京都にセカンドハウスを借りたという内容でした。著名な建築家が設計したデザイナーズ住宅で、家賃は20万~30万円前後の人気物件だと紹介しています」(芸能記者)

 都内の京香のマンションで同棲生活が続く中、近所の高級焼き鳥屋でもたびたびツーショットが目撃されていた。芸能評論家の三杉武氏はこう話す。

「常連客に聞いたところ、紹介制のお店で、知った顔ばかりということもあって、2人は部屋着のようなラフな格好で来ていました。京香さんはいつもリラックスした表情を見せていて仲むつまじく、新婚というより長年連れ添った夫婦みたいな感じだったそうです」

 京香と長谷川の交際のきっかけは、10年に放送された「セカンドバージン」(NHK)での共演だ。京香演じる出版プロデューサーと長谷川が扮する金融マンの不倫愛を描き、激しいベッドシーンが話題になると、呼応して私生活でも燃え上がるような2人の恋愛がスタートしたのだった。

 当時まだ無名だった「8歳年下男」の長谷川は京香との交際を機に知名度が上がると、ドラマ「家政婦のミタ」(11年、日本テレビ系)や「MOZU」(14年、TBS系)、映画では「シン・ゴジラ」(16年、東宝)など人気作品に相次いで出演、存在感のある演技が評判となる。

 かくて、現在出演中の朝ドラ「まんぷく」(NHK)では、視聴率20%台超えを連発し、全国区の人気俳優となったのだ。

「2月末にクランクアップしました。撮影中は主役の安藤サクラさんが赤ちゃんを連れてきていて、長谷川さんが抱き上げたりしていたんです。赤ちゃんも懐くようになって、『ぺいちゃん、ぺいちゃん』と長谷川さんのことを役名(立花萬平)で呼んでいました」(現場スタッフ)

 すでに来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」では明智光秀役で主演も決定し、仕事は順風満帆である。

 一方の京香も昨年に芸能生活30周年を迎え、タレントの藤井隆プロデュースで音楽活動に挑戦。2月27日に初のシングル「dress-ing」を発売した。

「波瑠とのコンビで視聴率好調だった18年春のドラマ『未解決の女』(テレビ朝日系)も評判がよく、続編の撮影がすでに始まっています」(芸能記者)

 お互い多忙を極める中、これまで何度か結婚のタイミングがあったとみられているが、「延期」を繰り返してきた。最初に結婚が報じられたのは14年の正月、「スポーツ報知」が〈春に結婚へ〉とスッパ抜いたのだが‥‥。

「13年夏頃から実際に結婚の話が出ていたのですが、まだ京香の実家に挨拶に行く前でした。先に報道が出てしまったことに2人は激怒し、完全否定することを話し合って決めたんです。その後の映画の会見でも、京香は質問にダンマリを決め込みました」(芸能記者)

 マスコミ報道に反発したことで、結婚予定が流れてしまったのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
2
ラグビー日本代表の感動が台無し!?YOSHIKI、南アフリカ戦に登場に批判殺到
3
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!
4
中山美穂、49歳の「不貞ベッドシーン」挑戦に“肉食本性”炸裂を期待する声!
5
「モトカレマニア」大爆死も“新木優子の割れ目”披露に視聴者が歓喜!