芸能

鈴木京香「長谷川博己」との結婚を阻む障壁(1)長年連れ添った夫婦みたい

 無名の俳優を全国区の人気者にまで育て上げた「あげまん」の鈴木京香。9年の交際期間でたびたび「結婚間近」と報じられてきたが、結局、入籍することなく独身ライフを貫いてきた。芸能界随一のビッグカップルがゴールインを「決断」できない最大のワケとは何か──。

 交際9年目を迎えた鈴木京香(50)と長谷川博己(42)の大型カップルの交際について、「女性自身」(3月26日号)が新展開を報じた。

「オフの日に2人で過ごせるように、京香が京都にセカンドハウスを借りたという内容でした。著名な建築家が設計したデザイナーズ住宅で、家賃は20万~30万円前後の人気物件だと紹介しています」(芸能記者)

 都内の京香のマンションで同棲生活が続く中、近所の高級焼き鳥屋でもたびたびツーショットが目撃されていた。芸能評論家の三杉武氏はこう話す。

「常連客に聞いたところ、紹介制のお店で、知った顔ばかりということもあって、2人は部屋着のようなラフな格好で来ていました。京香さんはいつもリラックスした表情を見せていて仲むつまじく、新婚というより長年連れ添った夫婦みたいな感じだったそうです」

 京香と長谷川の交際のきっかけは、10年に放送された「セカンドバージン」(NHK)での共演だ。京香演じる出版プロデューサーと長谷川が扮する金融マンの不倫愛を描き、激しいベッドシーンが話題になると、呼応して私生活でも燃え上がるような2人の恋愛がスタートしたのだった。

 当時まだ無名だった「8歳年下男」の長谷川は京香との交際を機に知名度が上がると、ドラマ「家政婦のミタ」(11年、日本テレビ系)や「MOZU」(14年、TBS系)、映画では「シン・ゴジラ」(16年、東宝)など人気作品に相次いで出演、存在感のある演技が評判となる。

 かくて、現在出演中の朝ドラ「まんぷく」(NHK)では、視聴率20%台超えを連発し、全国区の人気俳優となったのだ。

「2月末にクランクアップしました。撮影中は主役の安藤サクラさんが赤ちゃんを連れてきていて、長谷川さんが抱き上げたりしていたんです。赤ちゃんも懐くようになって、『ぺいちゃん、ぺいちゃん』と長谷川さんのことを役名(立花萬平)で呼んでいました」(現場スタッフ)

 すでに来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」では明智光秀役で主演も決定し、仕事は順風満帆である。

 一方の京香も昨年に芸能生活30周年を迎え、タレントの藤井隆プロデュースで音楽活動に挑戦。2月27日に初のシングル「dress-ing」を発売した。

「波瑠とのコンビで視聴率好調だった18年春のドラマ『未解決の女』(テレビ朝日系)も評判がよく、続編の撮影がすでに始まっています」(芸能記者)

 お互い多忙を極める中、これまで何度か結婚のタイミングがあったとみられているが、「延期」を繰り返してきた。最初に結婚が報じられたのは14年の正月、「スポーツ報知」が〈春に結婚へ〉とスッパ抜いたのだが‥‥。

「13年夏頃から実際に結婚の話が出ていたのですが、まだ京香の実家に挨拶に行く前でした。先に報道が出てしまったことに2人は激怒し、完全否定することを話し合って決めたんです。その後の映画の会見でも、京香は質問にダンマリを決め込みました」(芸能記者)

 マスコミ報道に反発したことで、結婚予定が流れてしまったのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談