芸能

シリーズ化も?西島秀俊版「名探偵・明智小五郎」に「原作が台無し」猛批判!

 3月30日、31日に放送された2夜連続スペシャルドラマ「名探偵・明智小五郎」(テレビ朝日系)。江戸川乱歩による「怪人二十面相」が原作だが、「TRICK」(テレビ朝日系)シリーズや、「99.9-刑事専門弁護士-」(TBS系)シリーズにおいて、小ネタや笑いが散りばめられた独特の演出に多くのファンがいる木村ひさし監督がメガホンを取っているため、原作からはかなり逸脱したユニークな仕上がりに。

 舞台は現代。西島秀俊演じる明智は伊藤淳史演じる警視庁刑事部「サイバー捜査支援室」の小林捜査官とタッグを組んでサイバー犯罪を解決してゆく。さらに人づきあいが苦手な一匹狼だったはずの明智は、サイバーセキュリティ企業「AKロジスティクス」の元CEOで、現CEOは石田ゆり子演じる妻の文代。さらに「明智事務所」を開設しており、そこには「チームBD(ボーイズデティクィブ=少年探偵団)」という中年のハッカー集団3名がいるのだ。

「これには視聴者から《原作を台無しにしている》《江戸川乱歩先生に謝れ》《これはもう明智小五郎を名乗っちゃダメ》といった批判の声が殺到。第2夜のラストシーンがこの作品のシリーズ化を感じさせたため、《シリーズ化するならこのコメディタッチはやめてシリアスに変更して》《このキャストならシリアスタッチでシリーズ化したほうが絶対おもしろい》《シリーズ化するならセリフが聞こえなくなるほどの大きな擬音やセリフを噛む小ネタとかいらない。全部スベッてる》など、早くも今後の展開を不安視する声も相次いでいるようです」(テレビ誌ライター)

 3月28日に放送されたフジテレビ開局60周年記念特別企画のドラマ「砂の器」も、原作を逸脱したアレンジが加えられていたことで同様の声があがっていたが、いいかげん「原作」の知名度で視聴者を釣るようなまねはやめるべきだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化