スポーツ

八村塁、ゴンザガ大学のベスト8敗退でドラフト1巡指名に黄信号か!?

 男子バスケットボールの日本代表で、米ゴンザガ大学のエースとして活躍する八村塁が、悲願のファイナル4進出を逃した。現地3月30日に米アナハイムで開催されたNCAAトーナメントの準々決勝(エリート8)にて、ゴンザガ大はテキサス工科大に69-75で惜敗。カレッジバスケ界で究極のステージとされるファイナル4(準決勝以上)に駒を進めることはできなかった。

 そのゴンザガ大学は2年前、同校で初となるトーナメント決勝に進出し、八村もトーナメント戦では日本人としては初となる試合出場を果たしていたが、ファイナル4では出場機会ゼロ。それゆえ今季はファイナル4での初プレーに期待を懸けていたが、その夢は直前でついえることとなった。

 一方で八村を巡っては、6月末に行われるNBAのドラフトで1巡指名が期待されており、各モックドラフト(模擬ドラフト)ではNBCスポーツが全体11位、ESPNでは全体13位、ブリーチャーリポートでは全体14位といずれも八村の1巡指名を予想している。日本人選手として史上初の栄誉を目前とする八村だが、今回の準々決勝敗退により、その期待に黄信号が灯ったというのだ。米バスケ事情に詳しいスポーツライターが指摘する。

「一般的に、NCAAトーナメントの結果はドラフトの順位にさほどの影響を与えないとされています。15年、16年と2季連続でMVPに輝いたウォリアーズのステフィン・カリーでさえ、学生時代はエリート8止まり。トーナメント戦よりも普段のリーグ戦のほうが選手の実力を見極めやすく、そこでのプレーで評価も決まるとされているからです。しかし八村の場合は、その一般的な事情に当てはまらないのです」

 その理由は決して、八村が日本人だからではないという。むしろ、彼が所属する名門のゴンザガ大に理由があるというのだ。前出のスポーツライターが続ける。

「ゴンザガ大の所属するウェストコースト・カンファレンスは西海岸の私立大学が中心で、他にはこれといった強豪大学のない弱小カンファレンスとの評価が一般的。そのため今季はカンファレンス内で16戦全勝を達成するも、快挙とは受け止められていません。またシーズン戦で全米トップ25校との対戦はデューク大、テネシー大、ノースカロライナ大の3試合しかなく、ゴンザガ大の選手がNBAのスカウトにアピールするにはNCAAトーナメントでの活躍が必須と言われているのです。その視点で言うと、NCAAトーナメントでは3連勝を飾ったものの、八村自身は2回戦のベイラー大戦で6得点5リバウンドと精彩を欠く場面も。これで評価を落とし、まさかの2巡指名に落ちたら日本のバスケットボールファンは落胆することでしょう」

 ゴンザガ大からの1巡指名選手は過去7人おり、名人とうたわれたジョン・ストックトンが知られるほか、ここ10年では4人の1巡選手を輩出。ここに「Rui Hachimura」の名前が続くのか、期待の高まるところだ。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
3
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗
4
テレビから消えた“あの女子アナ”を追え<日本テレビ>奔放すぎた葉山エレーヌはアナウンス室追放
5
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線