芸能

ピエール瀧に続く…捜査員が秘かに追う「薬物芸能人」リスト(2)目がギラつく俳優Sの奇行

 今後の「薬物芸能人」摘発に注目が集まるばかりだが、すでに捜査員の手が回ったケースもある。

 昨年、多くの芸能人と交遊のある有名人の親族がマトリの強制捜査を受けていたのだ。

「自宅まで入られましたが、証拠が出ずシロでした。事前に捜査情報をつかんで違法薬物を処分していたとの情報もある。その後、ド派手だった遊びを自粛し、運営に携わっていたといわれるクラブからも手を引いたといいます。マトリも取り逃してしまったため、3年は泳がせないとボロを出さないだろうとみているようです」(警察関係者)

 女性に人気の個性派俳優Yは、エキセントリックな行動でしばしば話題になった。

「かねてより大麻肯定の発言をするなど危うさがあるYでしたが、昨年、マトリが家宅捜索に入りました。その後、海外での活動が精力的になり、一部では『逃亡したんじゃないか』とささやかれています」

 こう話す、警察関係者によると、自由奔放な活動が目立つYを筆頭に、昨年ブレイクしたT、多くの美女と噂されたAなど、先のYに憧れるアンダー40の俳優たちにも薬物が蔓延している可能性が高いという。

 さらにはタレントとしても活躍するTや人気バラエティー番組にも出演するYら、若手イケメン俳優たちにもドラッグ汚染が広がっているとの指摘がある。

「Yは女遊びが派手なだけでなく、犯罪者と収まった写真まで流出したことがある。本人はすでに現在の立ち位置に未練はなく、仲間や先輩、事務所も手に負えないと見放している。守る人間がいなくなれば、当局も捜査がしやすくなりますし、そろそろヤバイのではないか」(芸能関係者)

 俳優たちの乱行は年齢を問わない。バラエティー番組でも活躍し、数多くの作品に出演するベテラン俳優Sについて、芸能プロ関係者はこう話す。

「現場をドタキャンするなど、奇行が目立ちますが、シャブ常用の噂が根強いです。いつも目がギラついていますよね。実は業界にも顔が利く妻がドラッグの回し役だと言われ、16年に高知東生(54)が捕まった際には供給源として疑われたことがあったほどです」

 警察関係者によれば、現時点でSの内偵は聞かれないものの、捜査員のリストには確実に名前が入っているという。

 一方、あの超有名人が夫婦そろってコカインをキメているというとんでもない情報がもたらされた。なんと情報源は、現役のヤクザ関係者だ。

「ヤクザの間じゃ有名な話だよ。歌も歌って女に支持されてる俳優のHだ。女優の妻は結婚後、あまり表舞台に立っていないけど、一緒にコカインに手を出してるって。同じルート上には、夫婦ともにミュージシャンのT夫妻の名前も挙がってる。パクられたら大騒ぎだろうな」

 Hといえば、マスコミにスキャンダル写真を撮らせないよう徹底したガードぶりでも有名だが、どうしても隠したい秘密があるのだろうか‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
5
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?