芸能

「セーラー服ソング歌謡祭」(3)80年代編「スケバン刑事」のエンディング曲が一大ブームに

 青春のきらめく季節だけ着ることを、そして歌うことを許されるのが「セーラー服ソング」だ。80年代以降、世の男子たちを胸キュンさせた名作の数々を一気にパワープレイ!

     *

 80年代はアイドルドラマの黄金期でもあった。今は絶滅してしまったが、夜7時台には30分枠のドラマが並び、アイドルたちが主役の座を争った。

 その成功例に挙げられるのが「スケバン刑事」(85~87年、フジテレビ系)だが、初代の斉藤由貴はその前に「青春という名のラーメン」で鮮烈なCMデビューを飾る。アイドル評論家の織田祐二氏が語る。

「CMは、それまでのキャピキャピとしたアイドルと違って、どこか暗い感じながらも存在感は驚異的。悩み多い青春の時期に、彼女の存在は悩みや葛藤を分かち合えそうな感じがした」

 このテーマ曲は斉藤のデビュー作となった「卒業」(85年)である。作詞・松本隆、作曲・筒美京平の黄金コンビによる楽曲は、発売から30年以上が経ってもマツコ・デラックスや石田ゆり子らから多大な評価を得ている。

 再び「スケバン刑事」に話を戻すと、エンディングはヒロインたちが歌うのが決まり。

「いずれも80年代半ばのアイドルソングの空気感満載で、破格の名曲ぞろい。今聴いても、ドラマの制服アクションのシーンが思い浮かびます」(前出・織田氏)

 2作目の南野陽子は「悲しみモニュメント」(86年)や「風のマドリガル」(86年)を歌い、好評を博す。第3作の浅香唯は、大西結花、中村由真との「風間三姉妹」名義で「Remember」(86年)でチャート1位を獲得。映画化もされるなど、一大ブームを巻き起こした。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!
5
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!