芸能

大西結花「朗読+歌唱」アコースティックライブで「55歳の変身」魅せた!「夫とはケンカもありますが、チューもあります」

 松田聖子「ボン・ボヤージュ」、荒井由実(松任谷由美)「中央フリーウェイ」、中島みゆき「横恋慕」――。次々と繰り出される名曲の数々を熱唱。そしてラストの11曲目に、自身の曲「光の中へ」を、万感の思いでしっとりと歌い込む。

 まさに艶やかな大人の女性への変身ぶりで観客を魅了したのは、女優で歌手の大西結花だった。11月25日に都内で開催されたアコースティックライブ(南青山MANDALA)のタイトルは「じょゆうのうた」。「恋」をテーマに、自ら好きでリスペクトしているアーティストの曲をカバーしたのだが、それぞれの曲の合間には「女性という生き物は怖いですよ、ね?」などのセリフを朗読するという、ライブと朗読劇を融合させた、初挑戦の構成である。「自分だけの恋のストーリーを思い浮かべて聴いていただけたら」と、約100人の観客に語り掛けたのだった。

 1984年に女優デビュー。1986年の学園ドラマ「スケバン刑事Ⅲ 少女忍法帖伝奇」(フジテレビ系)では風間三姉妹の長女に扮し、次女役の中村由真、三女役の浅香唯と、揃ってブレイクした。翌年、同ドラマの主題歌「REMEMBER」を三姉妹で歌い、大ヒットさせている。

 そんな女優と歌手の二刀流だからこそ表現できたという、歌と朗読。「スケバン刑事」では制服姿で金属製の折鶴を持って構える姿がファンには印象的だが、この日は制服姿からオーガンジー風生地の、サーモンピンクのドレス姿に変身した。

 艶っぽさに磨きがかかった背景には、2012年に17歳年下の一般男性と結婚した生活がありそうだ。ライブ終了後に本人を直撃すると、日常生活をのひと幕を、照れながら明かしてくれた。

――旦那さんとの関係はどんな感じですか。

「普段から感謝の言葉をストレートに言う。オーバーなことではなく、ただ『ありがとう』とか。それぞれの違う性格が最近よく見えてきた気もするので、何でも言うようにしてストレスを溜めない。気持ちの行き違いがあれば、はっきり言う。ストレスをためずに、ストレートに言い合います。例えば靴下を脱ぎ捨ててあったら、ちゃんとごめんなさいと言ってもらう。でも自分と相手を同じように計ってはいけないとも思います。あとは、期待しないこと(笑)。何かをしてくれて当然、と思わないこと。今日も『頑張ってね』と送り出してくれましたよ。ケンカもしょっちゅうありますが、チューもあります」

――男性が女性にモテる秘訣は何だと思いますか。

「回りくどいことはせず、好きな気持ちをストレートに言う。1回言ってダメでも、折れずに行く!」

――風間三姉妹で歌った「REMEMBER」の大ヒットから今年で36年。改めて思うことはありますか。

「あの2人と出会えたことは宝物。3人とも仕事を辞めるでもなく続けているので、いつもそばにいる感覚があります」

――今後の活動は…。

「2025年で歌手デビュー40周年なので、去年からカウントダウンライブをやっているんです。40周年の年に、なるべく大きなホールでコンサートをやるのが目標です」

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談