スポーツ

“日替わりショート”の矢野采配に「ガマンしろ!」の猛批判

 4月16日に1位のヤクルトとの対戦を終えた矢野阪神。対戦カードが一巡した第5節を終えた4月15日時点で、6勝9敗の5位である。5位ということは、まだ「下」がいるわけだが、その最下位・広島と阪神を比較した場合、どちらにチーム浮上の要素が大きいかと聞けば、答えは言わなくてもわかっているだろう。

 苦しい展開の試合の連続で頭を抱えている矢野燿大監督に対し、さらに追い打ちをかけるような批判も出てきた。「ガマンしろ!」というのだ。

「開幕4戦目に、新人の遊撃手・木浪聖也がスタメンから外されました。その後は北條、鳥谷を含め、調子の良い選手を使い分けています。出場選手が異なるわけですから、当然、打線も日替わり状態です」(在阪記者)

 木浪はオープン戦は絶好調だった。それで開幕スタメンを勝ち取ったのだが、本番に突入した途端、バットから快音が聞かれなくなってしまった。

「阪神はセンターラインの選手がまだ固まっていません。というか、ショートを固定できれば、センターラインも固まるんです。捕手は梅野、二塁は糸原、中堅は糸井、あとはショートだけ」(前出・在阪記者)

 勝利を優先する以上、調子の悪い選手を外すのは間違いではない。しかし、ショートが日替わりだと、内野守備そのものにも影響してくる。OBらからの批判はこのあたりにも理由があるようだ。しかし、一方ではガンコな一面も矢野監督は見せている。

「4番の大山悠輔ですよ。一時は打率2割を切るありさまでしたが、4番で使い続けています」(ベテラン記者)

 木浪を交代させ、大山は使い続ける理由だが、近年の阪神は外国人選手に4番を任せてきた。外国人選手は「アタリ、ハズレ」がある。昨季のロサリオがその定型で、外国人選手が打てないとなった時点で、チーム構想が根底から覆るような状況を打開したいとし、生え抜きの4番を育てようとしているのだ。しかし、ショートをおろそかにしてはならない。

「木浪がプロの壁にぶつかっているのなら、北條で固定すべきかもしれない。矢野監督は木浪に期待しているので、将来的には木浪で固定したいのかもしれません」(前出・ベテラン記者)

 木浪の覚醒待ちが日替わりショートの原因だとすれば、センターラインの固まらない矢野監督への批判も終わらないだろう。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは