スポーツ

“日替わりショート”の矢野采配に「ガマンしろ!」の猛批判

 4月16日に1位のヤクルトとの対戦を終えた矢野阪神。対戦カードが一巡した第5節を終えた4月15日時点で、6勝9敗の5位である。5位ということは、まだ「下」がいるわけだが、その最下位・広島と阪神を比較した場合、どちらにチーム浮上の要素が大きいかと聞けば、答えは言わなくてもわかっているだろう。

 苦しい展開の試合の連続で頭を抱えている矢野燿大監督に対し、さらに追い打ちをかけるような批判も出てきた。「ガマンしろ!」というのだ。

「開幕4戦目に、新人の遊撃手・木浪聖也がスタメンから外されました。その後は北條、鳥谷を含め、調子の良い選手を使い分けています。出場選手が異なるわけですから、当然、打線も日替わり状態です」(在阪記者)

 木浪はオープン戦は絶好調だった。それで開幕スタメンを勝ち取ったのだが、本番に突入した途端、バットから快音が聞かれなくなってしまった。

「阪神はセンターラインの選手がまだ固まっていません。というか、ショートを固定できれば、センターラインも固まるんです。捕手は梅野、二塁は糸原、中堅は糸井、あとはショートだけ」(前出・在阪記者)

 勝利を優先する以上、調子の悪い選手を外すのは間違いではない。しかし、ショートが日替わりだと、内野守備そのものにも影響してくる。OBらからの批判はこのあたりにも理由があるようだ。しかし、一方ではガンコな一面も矢野監督は見せている。

「4番の大山悠輔ですよ。一時は打率2割を切るありさまでしたが、4番で使い続けています」(ベテラン記者)

 木浪を交代させ、大山は使い続ける理由だが、近年の阪神は外国人選手に4番を任せてきた。外国人選手は「アタリ、ハズレ」がある。昨季のロサリオがその定型で、外国人選手が打てないとなった時点で、チーム構想が根底から覆るような状況を打開したいとし、生え抜きの4番を育てようとしているのだ。しかし、ショートをおろそかにしてはならない。

「木浪がプロの壁にぶつかっているのなら、北條で固定すべきかもしれない。矢野監督は木浪に期待しているので、将来的には木浪で固定したいのかもしれません」(前出・ベテラン記者)

 木浪の覚醒待ちが日替わりショートの原因だとすれば、センターラインの固まらない矢野監督への批判も終わらないだろう。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”