女子アナ

宇垣美里、フリー転身で即anan表紙も「戦略ミス」で田中みな実に完敗か?

 これでは先輩の田中みな実に完敗ではないか。TBSを退社してオスカープロモーション所属のタレントとなった宇垣美里に対して、そんな感想が寄せられているようだ。

 その宇垣は4月24日の女性誌「anan」の表紙に初登場。公開された表紙画像ではタイトなニットワンピースを身に着け、横向きに片脚をイスに載せたポーズを披露している。狙いは美脚と美ヒップにあるようで、形も露わな美ヒップの描く曲線はなかなかみごとなものだ。

 だが、いくら美しいボディラインを披露しても、世間の反応は芳しくないという。芸能記者が声を潜めて言う。

「美ヒップ?そんなのはそこらへんのモデルに任せておけばいいじゃないですか。宇垣の魅力はツンとした美貌はもちろん、なんといってもGカップと噂されるその美バストに違いありません。本人はグラビアでバストを披露するとの一部報道を『バカか!』と一蹴していたそうですが、女性誌の表紙となれば話は別。ここはぜひ、読者の女性たちがうらやむ美バストを披露しておくべきでした。別にトップまで見せる必要はないのですから、美しいフォルムを見せるだけでも大きな意味があったはずです」

 今回の表紙で宇垣は、肝心のバストを右腕でほぼすべて隠している。そしてわき腹付近の隙間からはナマ肌がのぞいているのだが、その面積はせいぜい指2本ぶん。こんな中途半端な肌見せなら、むしろ全部隠してくれたほうがまだ良かったかもしれない。

「ともあれ宇垣には、TBSの先輩でもあるフリーアナの田中みな実を見習ってほしかったですね。田中が17年9月発売の『anan』にて、ヒジでバストを隠しただけの上半身マッパを披露した時は、世間を揺るがす衝撃を与えました。これで田中には“美バスト”の枕詞がついただけでなく、それまで彼女にまとわりついてきた“ぶりっ子”の悪評を吹き飛ばす効果もあったのです。それに対して宇垣の美ヒップ表紙はおそらく、世間にほとんどインパクトを与えることなく、発売翌週にはもう話題にもならなくなるはず。彼女にとっては念願の女性誌表紙かもしれませんが、世間に“爪痕”を残さないことには表紙に登場した意味も薄れるというものです」(前出・芸能記者)

 どうやらフリー転身後のメディア出演を巡る戦略では、田中の後塵を拝したと評さざるを得ないようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”