芸能

暴発美女が知られたくない「禁断の秘密」(7)<吉岡里帆>くすぶり続ける貴乃花一族とのドロ沼遺恨

 ヒロインを務める映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の公開を5月31日に控える女優の吉岡里帆(26)。現在6社のCMに出演するなど、テレビで見ない日はないが、プライベートでは“超有名一家”との「ドロ沼遺恨」がくすぶり続けていた。

 吉岡の名前が「女性自身」によって意外な形で報じられたのは今年1月のこと。彼女の実弟が、靴職人の花田優一氏(23)に弟子入りしていたというのだ。

 花田氏といえば元横綱・貴乃花の長男として知られ、その頃は靴製作を巡り「商品が送られてこない」「返金に応じない」など、客とのトラブルがしきりに報じられていた。

 記事によれば、吉岡の弟は18年9月に花田氏に弟子入り。だが、花田氏はまともに靴作りをしていなかっただけでなく、顧客からの「クレーム処理」を押しつけたため、同年末には師弟関係の解消に至ったという。吉岡に近い芸能関係者が明かす。

「もともと彼女は、3年前に番組で共演したことで花田氏と知り合ったのですが、その縁で弟と花田氏が結びついてしまったという経緯があるんです」

 そのことで彼女は自責の念に駆られているという。

「吉岡の弟はそれまで京都のフレンチレストランでシェフの修業をしていたものの、花田氏が説く『靴職人の美学』を真に受けたせいで弟子入りしてしまったんです。普通に考えれば、悪いのは花田氏ということになりますが、吉岡としては自分に責任があると信じて疑わない。弟が“パワハラ退職”してからの彼女は、仕事以外は誰とも会わずにふさぎ込むようになり、5キロ以上も痩せてしまったんです」(芸能関係者)

 そして現在も、吉岡は花田氏に対して複雑な感情を抱き続けている。

「日頃、彼女は絶対に人の悪口を言うことはなく、花田氏の件についても『悪いのは私』の一辺倒なのですが、唯一親しい女性編集者に“本心”を語ったと言われているんです」(芸能関係者)

 はたして、彼女が語ったホンネとは──。その女性編集者によれば、

「正直、ムカついている」

 と、花田氏をバッサリ斬り捨てたというのだ。芸能関係者がさらに続ける。

「最愛の弟の夢を奪った男ですから『ムカつく』どころではないはずなのですが‥‥。また、一部で『花田氏は吉岡に下心があった』と報じられていることについては、『まったく眼中にない』と言い放ったと聞きました」

 靴ならぬゲタを預けた相手が悪かった!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」