芸能

暴発美女が知られたくない「禁断の秘密」(7)<吉岡里帆>くすぶり続ける貴乃花一族とのドロ沼遺恨

 ヒロインを務める映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の公開を5月31日に控える女優の吉岡里帆(26)。現在6社のCMに出演するなど、テレビで見ない日はないが、プライベートでは“超有名一家”との「ドロ沼遺恨」がくすぶり続けていた。

 吉岡の名前が「女性自身」によって意外な形で報じられたのは今年1月のこと。彼女の実弟が、靴職人の花田優一氏(23)に弟子入りしていたというのだ。

 花田氏といえば元横綱・貴乃花の長男として知られ、その頃は靴製作を巡り「商品が送られてこない」「返金に応じない」など、客とのトラブルがしきりに報じられていた。

 記事によれば、吉岡の弟は18年9月に花田氏に弟子入り。だが、花田氏はまともに靴作りをしていなかっただけでなく、顧客からの「クレーム処理」を押しつけたため、同年末には師弟関係の解消に至ったという。吉岡に近い芸能関係者が明かす。

「もともと彼女は、3年前に番組で共演したことで花田氏と知り合ったのですが、その縁で弟と花田氏が結びついてしまったという経緯があるんです」

 そのことで彼女は自責の念に駆られているという。

「吉岡の弟はそれまで京都のフレンチレストランでシェフの修業をしていたものの、花田氏が説く『靴職人の美学』を真に受けたせいで弟子入りしてしまったんです。普通に考えれば、悪いのは花田氏ということになりますが、吉岡としては自分に責任があると信じて疑わない。弟が“パワハラ退職”してからの彼女は、仕事以外は誰とも会わずにふさぎ込むようになり、5キロ以上も痩せてしまったんです」(芸能関係者)

 そして現在も、吉岡は花田氏に対して複雑な感情を抱き続けている。

「日頃、彼女は絶対に人の悪口を言うことはなく、花田氏の件についても『悪いのは私』の一辺倒なのですが、唯一親しい女性編集者に“本心”を語ったと言われているんです」(芸能関係者)

 はたして、彼女が語ったホンネとは──。その女性編集者によれば、

「正直、ムカついている」

 と、花田氏をバッサリ斬り捨てたというのだ。芸能関係者がさらに続ける。

「最愛の弟の夢を奪った男ですから『ムカつく』どころではないはずなのですが‥‥。また、一部で『花田氏は吉岡に下心があった』と報じられていることについては、『まったく眼中にない』と言い放ったと聞きました」

 靴ならぬゲタを預けた相手が悪かった!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
2
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
3
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
4
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
5
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”