女子アナ

宇垣美里、初フォトエッセイから自選公開した「無防備な姿」とは?

 元TBSアナウンサーの宇垣美里が4月20日、退社後初となる公の場に登場。初フォトエッセイ「風をたべる」(集英社)の発売記念イベントを都内で開催した。

 抜群の人気を誇った女子アナ・宇垣美里の初フォトエッセイ発売記念イベントという話題性で、多くの報道陣が殺到。当初はスチールカメラ、テレビカメラが一緒に囲み取材をする予定だったが、会場に入りきらなかったため、急きょ「二部制」に変更となった。

 第一部はスチールカメラとペン(記者)、第二部はテレビクルーといった具合だ。第一部だけで40人を超えるマスコミ関係者が集まり、人気度、注目度の高さを感じさせた。

 記者からの質問で宇垣が若干困惑したのは「肩書き」に関することだった。「アナウンサーなのかタレントなのか、どうお呼びしたらよいのでしょう?」との質問には、宇垣自身、退社して間もないため、「自分でもよくわからないんです」と、はにかむのが精一杯。今後はTBS社員の頃にはできなかった“他局詣で”をしてみたいと笑うに留まったが、「無防備なご自分を見せているとのことですが、その写真を教えてください」という記者からの要望に宇垣が選んだのは、眠っているカット。「ガチ寝です」と話す宇垣の開いたページを見ると、実に穏やかな寝顔がページの半分以上を占めるアップで、その雪のような白い肌が目にもまぶしい一枚であった。4月16日で28歳になった宇垣はフリー転身でどんな夢を思い描いているのだろうか。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…