芸能

渡哲也が激怒した石原軍団「解散撤回」までの暗闘(1)異例の取材シャットアウト

 7月17日に行われる「石原裕次郎三十三回忌」を目前にして、名門の石原プロモーションが揺れている。“大番頭”の渡哲也の健康状態が危惧され、「解散説」が浮上。看板俳優の高齢化も懸念される中、一部週刊誌の報道をきっかけに、鉄の結束でまとまる石原軍団が怒りの「解散撤回」に向けて動き出した──。

「『石原軍団はもう解散する』と書かれていたのですが、事務所の今後については話し合いを続けている段階で、解散はまだ決定事項ではないんです」

 石原プロモーションの関係者がこう憤りをぶつけるのは、4月16日に発売された「女性自身」の記事に対してだった。所属事務所で相談取締役を務める渡哲也(77)が石原プロの解散を決断したという内容で、酸素吸入器をつけて外出している時の写真まで掲載されたのだ。

「記事について渡さんは、『ほうっておけ』と憤りを抑えていましたが、怒り心頭だったのは、渡さんを『親方』と慕う舘ひろしさん(69)や神田正輝さん(68)ら石原軍団のメンバー。記事の内容もそうですが、自宅近くで、療養中の渡さんに取材したことも許せなかったのです」(石原プロ関係者)

 舘らが体調面を心配するように、渡は15年6月に急性心筋梗塞で手術を行い、現在は呼吸器疾患などで闘病生活を送っている。

「現在は自宅で療養しながら定期健診で通院し、理学療法士の指導を受けながら体力回復のためにスクワットやエアロバイク、ストレッチによるリハビリを行っているそうです。体の調子がいい日には石原プロの事務所にも出社していると聞きました」(スポーツ紙記者)

 65年に日活映画「あばれ騎士道」でデビューして以来、スター街道を歩んできた渡だったが、映画は05年「男たちの大和/YAMATO」(東映)に出演したのを最後に、テレビドラマは13年9月放送の「十津川警部シリーズ」(TBS系)にゲスト出演して以降、俳優業は休業状態のままだった。

「肺炎を患って入退院を繰り返していた津川雅彦も、日常生活で酸素吸入器が欠かせなかった。その津川が昨年8月に退院予定を目前にして心不全で亡くなった時は、自分と重なる部分があったのか、相当ショックを受けていたそうです」(芸能プロ関係者)

 そんな状況下でも、故・石原裕次郎が70年から87年まで出演し、そのバトンを受け取った宝酒造「松竹梅」のCM撮影は続けていた。

「毎年秋頃に新CMの収録を行っていますが、昨年は撮影前にちょっとピリついていて、マスコミの現場取材をシャットアウトしました。春先に一部週刊誌に酸素吸入器など健康面について書かれたことで、周囲にその姿を見られたくなかったそうです。撮影は体調を考慮して2日間に分けられ、舘も陣中見舞いに訪れていました」(スポーツ紙記者)

 事務所の実質トップである渡の体調が思わしくないことから、マスコミの間では数年前から「解散」がささやかれることとなる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
2
「松本人志はすでに終わっている」ケンコバ元相方が痛烈コキ下ろしの「分析力」
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方