芸能

櫻井翔に対抗?嵐、「ラブレター談義」で松本潤がドヤ顔で披露した「モテ話」

 嫉妬心の表れなのか。生来の負けず嫌いのなせる技か。嵐・松本潤がメンバーの櫻井翔にガチで対抗して、ファンをざわつかせている。

 松本が豹変したのは、5月23日放送の「VS嵐」(フジテレビ系)。オープニングトークで、この日が「ラブレターの日」(※五二三=こふみ=で「こいぶみ」の語呂合せなどが由来)であることから、ラブレターにまつわる話をメンバーが披露した。

「ラブレターはもらった記憶しかない」と鼻高々に話し始めたのは、二宮和也。「ファンの皆からもらったりってことでしょ」と櫻井に謎解きされてギャフン。

 リーダーの大野智は、ジャニーズJr.だった中学時代、「大好きです」と書かれたラブレターに困惑したという。「オレのこと、何も知らないのに。何でそんなこと言えんの?」と、首をかしげたんだとか。

 一方、慶応大学時代のラブレター体験を明かしたのは櫻井。学校階段裏に呼び出され、告白されてラブレターをもらったという。相手が帰国子女で、櫻井が芸能人であることを知らずに告白されたそうで、「いや、これかと。これがキャンパスライフかと」と嬉しくて小躍りしたそうだ。

「櫻井は“モテ”エピソードが豊富です。『これまで女に振られたことがない』だの、『モテるのは面倒くさい』だのドヤ顔でモテ話を披露してきた。今回も『芸能人櫻井』でなく、『大学生櫻井』がモテたことをアピール。で、いつもならここで終了するところですが、そこへ割って入ったのが松本でした。小学校時代、両思いだったのに、告白もしないままいまま疎遠になったという女性から、成人式後にもらったメッセージで、“実はあの時好きだったんだよね。私にとってはいい思い出です。あなたにとってもいい思い出だったらいいな”という文面に、甘酸っぱい気持ちになったそうです」(テレビ誌記者)

「これまでジャニーズなどのアイドルの恋のエピソードは、せいぜい中学までですよ。それ以降は生々しいうえに人気に響くことから、話題にされることすらなかったんです。それが今回は櫻井も松潤のどちらもデビュー後、20歳の時の恋バナを明かしています。それにしても、なぜ松本は櫻井に張り合ったんでしょうか。嵐内での“モテキング”の座を狙っている、ということかもしれませんね」(ジャニーズウオッチャー)

 幼稚園時代、クラスの女子全員からバレンタインチョコをもらうなどモテ話を持つ松本、いよいよ“櫻井への反撃”スタートか。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!