芸能

“異常言動”が急加速!警視庁組対5課が追い込む「次の薬漬け有名人」とは?

 令和初の芸能人による法律違反の薬物逮捕者となった、元KAT-TUNの田口淳之介容疑者。同時に逮捕された小嶺麗奈容疑者とともに、田口容疑者がKAT-TUN時代から10年以上も薬物を常用していたことが取り調べの中でわかってきたことで、ファンを大いに失望させている。

 芸能界に薬物が根深く広がっていることを改めて示したかっこうだが、当然、世間の興味は“次の逮捕者”が誰になるのか、である。裏社会に通じるフリーライターはこう話す。

「数年前から内偵が入っているだろうと言われているのが、大物音楽プロデューサーのX。その言動の異常さは、昨今ますますエスカレートするばかりで、まともな理由もなく怒りだして事務所スタッフにクビを宣告したかと思えば、一転してそんな行動を土下座して謝ったりと、周囲を振り回しています。その原因が各種の薬物にあるという噂が、ずっと囁かれ続けている。当然、本人にもそうした評判は耳に入っており、周囲にはみずから笑い飛ばしつつネタにしているようですが…」

 これまでの離婚や、その後の熱愛が報じられていた女性との唐突な別れ、さらに、長年サポートを続ける大物アーティストとの関係の変化も、「その背景には薬物の影響があるのではとも言われている」(前出・フリーライター)という。

「Xは最近になってアシスタントの募集をかけており、“またご乱心とならなければいいが”と関係者の間で懸念する声が広がっています。一方、薬物の捜査は3月のピエール瀧被告、今回の田口容疑者と、厚労省の取締部のお手柄が続いていることから、警視庁組対5課が、次こそはと血眼になっているといいます」(夕刊紙記者)

 令和元年は、有名人の薬物逮捕ラッシュの年として、芸能史に刻まれることになるかもしれない。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
3
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス