女子アナ

「NEWS23デビュー」小川彩佳を「全力で潰す!」包囲網の“メラメラ現場”とは?

 6月3日からTBS系「NEWS23」のメインキャスターに就任した元テレビ朝日アナウンサーの小川彩佳(34)。だが、古巣では小川への怨嗟の声が渦巻いているという。

 テレビ関係者が証言する。

「業界の慣習からすれば小川の移籍は“だまし討ち”。完全にメンツを潰されてしまったテレ朝の内部では『全力で小川彩佳を潰すしかない』と殺気立っているんですよ」

 なんとも血なまぐさい話だが、

「要は彼女が出る『NEWS23』に数字を取らせないということ。6月からテレ朝による『小川潰し』が徐々に形になってくるはずですよ」(前出・テレビ関係者)

 いったいテレ朝は何を仕掛けてくるのか。

「第一段階として動いているのが、『NEWS23』が始まる23時ジャストに『報ステ』で新コーナーを設けるという計画。そこで小川への“刺客”として名前が挙がっているのが、彼女がテレ朝在籍中にとりわけ親身していた後輩の森川夕貴アナ(25)なんです」(前出・テレビ関係者)

 森川アナといえば、入社直後の16年4月からお天気キャスターとして同番組に出演している有望株だ。

「近くタイムテーブルを変更し、森川アナを全面に押し出すコーナーを23時ジャストにぶつけるという話です。テレ朝としては男性人気高騰中の森川アナが数字を持っていることを把握しているので、小川対策に最適だと判断したんですよ」(前出・テレビ関係者)

 より大胆な“迎撃プラン”も現実味を帯びているという。

「昨年10月、終了時刻を5分繰り下げて23時15分にしましたが、秋の改編でさらに20分繰り下げしてはどうか、といった話が出ているんです。放送時間の延長は、少しでも『NEWS23』に圧力をかけたいとの思惑があるはず」(前出・テレビ関係者)

 小川への対抗心を燃やすのは古巣のテレ朝に限らない。6月4日発売の「週刊アサヒ芸能」6月13日号では民放各局の小川対策について、視聴率バトルの舞台裏を徹底リポートしている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!