芸能

NEWS23抜擢!小川彩佳を「全力で潰す」包囲網(2)ミタパンとカトパンが合体

 小川の古巣のみならず、夜のニュース戦争を繰り広げる各局も、躍起になって「小川対策」を講じている。日本テレビ関係者が語る。

「小川参戦の影響をモロに受けるのが『NEWS23』と放送開始時間がかぶる『news zero』。MCの有働由美子(50)は『せっかく調子が上向いてきたのに勘弁してよ~』と冗談めかしながらも、番組スタッフに偽らざるホンネを漏らしています」

 昨年10月に有働がキャスターに就任して以来、視聴率低迷が報じられていたが、最近は視聴率2桁超えを連発しているという。さらなる視聴率アップへ期待が高まる中での、思わぬ強敵の出現となったわけだ。

「局内では、対・小川バトルの切り札と目されているんですよ」

 と、日テレ関係者がアテにするのは、同番組でアシスタントキャスターを務める岩本乃蒼アナ(27)だ。その背景には、外見の目覚ましい変化があるという。

「もともとナチュラルメイクでしたが、このところ大人の色気漂う深夜向けメイクにイメチェンし、視聴者のみならず局の幹部たちからも『こんなに美人だったのか』と大好評なんです」(日テレ関係者)

 劇的イメチェンのウラには、やはり小川の影響があったようで、

「彼女がイメチェンを果たしたのがちょうど小川の『NEWS23』入りが報じられた頃。そうしたことから、岩本アナが小川との決を見据えてレベルアップを図ったとの見方が強まっているんです」(日テレ関係者)

 もはや小川に負ける気はzero!?

 一方、この春に三田友梨佳アナ(32)をメインに抜擢し、「FNN Live News α」をスタートさせたフジテレビでも、小川の話題で持ちきりだ。フジ関係者が語る。

「小川の投入で、これまでジリ貧だった『NEWS23』が息を吹き返す可能性は高い。ただ、話題性だけで数字が取れるのは、せいぜい1カ月とみています。視聴者が飽きる前に実績を残せるかがポイントとなる。そういう意味では、7月の選挙特番が試金石になるでしょうね」

 衆参ダブル選挙となる公算も浮上している今夏の選挙だが、ここでの選挙特番でも「対・小川」の必勝プランが。

「TBSとしては当然、小川を起用してくるはずですが、それを迎え撃つべく、フジでは“夜の顔”の三田友梨佳アナと“夕方の顔”である加藤綾子(34)のダブル起用が内定している。局内では、『選挙特番で小川が出てきてもダブルスコアで勝つ』と盛り上がっていますよ」(フジ関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは