芸能

田口淳之介の“土下座”言及でも批判される和田アキ子の“ご意見番”陥落!

〈誰もが思っていること〉〈もはやご意見番でも何でもない〉

 こう、ネット上でブーイングが上がったのは、芸能界のゴッド姉ちゃん・和田アキ子である。

 和田は6月8日、パーソナリティーを務める「ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」(ニッポン放送)で、法律違反の薬物の所持により逮捕、起訴された元KAT-TUNの田口淳之介被告が7日に保釈された際の、拘留先の東京湾岸署の玄関前での“土下座”に言及。「どういう謝り方したら私達が許す許さないじゃなくて、土下座は何の意味があるの?って。私はちょっとイヤだったな」と、露骨に不快感を示した。

「これにはリスナーが一斉に同調するかと思いきや、《なぜ疑問形?》《ここぞという時にちゃんと批判しない》とブーイングの声が上がっていましたね。田口の土下座については前代未聞なだけに驚かされましたが、《真面目な性格が出た》と評する声もある一方、ネット上では《単なるアピール》《自分に酔っているだけ》との拒否感を示す声が多く上がっており、そうした声の期待には応えられなかったようです」(ネットウオッチャー)

 和田といえば、最近は本業の歌手としてはヒット曲もなく、2016年のNHK紅白歌合戦への40回目の出場が叶わなかったことからNHKへの不満を方々でぶちまけ、そのあたりからキャラや発言にバッシングが起こっている。

「強い物言いをすれば“的外れ”“無神経”と言われ、今回のように多少オブラートに包むと“中身がない”“何が言いたいのかわからない”とやられ、もはや世間的には、その発言内容などどうでもいいといった具合になっている。マスコミのウケを狙ったかのようなコメントを繰り返したツケが、今になって降りかかっているとも言えます」(芸能記者)

 もっと突き抜けたアッコの発言を聞きたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”