芸能

石田ゆり子の「猫のおやつ問題」が再燃!インスタが「プチ炎上」していたッ

 女優の石田ゆり子のインスタグラムが、猫のおやつを巡って「プチ炎上」する事態になっている。しかも、おやつ問題で炎上するのは2回目だ。

 石田はペットの写真を投稿する第2のアカウントで、一時的に子猫を育てることになったと明かしている。これは動物病院で保護されていた猫で、真菌と風邪の治療のため隔離されていたのを石田は知り、完治するまで預かることにしたのだという。6月15日以降、この子猫の写真や動画がいくつも投稿された。

 問題となったのはそのうちの1つ、6月17日に投稿された動画。石田が子猫に、スティックタイプの猫用のおやつを与えているシーンが映っている。

「このおやつは石田が『ちゅーる』と呼んでいる猫用おやつで、猫が夢中になって食べることで知られています。ただ、これを食べることでお腹がいっぱいになり、食事を食べなくなることがあるため、与えすぎはよくないとされています。特に生後まもない子に食べさせるのは、おすすめされていません。それを指摘するコメントが相次ぎました」(週刊誌記者)

 しかも、石田が与えているのは成猫用。この商品は1歳までの子猫用があり、そちらを与えるべきだとの指摘もある。成猫用と子猫用では栄養素とカロリーが違うからだ。そんな指摘に対し、「猫好きの石田さんはそんなことちゃんとわかっている」「いちいち口出しせず石田さんにまかせるべき」と反論する人も現れ、「プチ炎上状態」になっているのだ。

「昨年8月にも、この、『猫のおやつ』を巡って問題になっています。この時、石田は双子の子猫をひきとり、育てていました。双子におやつを与えたところ、同様の批判を浴びたんです。石田は特に反応を示さず、時間とともに風化しました。今回も同じ対応でしょう。そもそも、石田は猫を何匹も育てていますから、他人が心配する必要はないでしょう」(前出・週刊誌記者)

 石田ゆり子はこの子猫に、「ばぶお」という一時的な名前をつけてかわいがっている。ばぶおの成長が楽しみだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
2
ラグビー日本代表の感動が台無し!?YOSHIKI、南アフリカ戦に登場に批判殺到
3
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!
4
中山美穂、49歳の「不貞ベッドシーン」挑戦に“肉食本性”炸裂を期待する声!
5
「モトカレマニア」大爆死も“新木優子の割れ目”披露に視聴者が歓喜!