芸能

ザ・ベストテン「視聴率40%の伝説」(2)花火とスモークに消された

「は~い、BCGの皆さんがいらっしゃいました」

 黒柳徹子のジョークによる出迎えが恒例となった。メンバー全員を焼き肉に連れてゆくなど、息子のようにかわいがってもらったと笠は言う。

 やがてC‐C‐Bは新曲発売のたびにランクインし、どこかコミカルな面もあったため、ロケには過酷なものが増えてきた。たとえばメンバーの関口が教習所に通っているとの情報に、免許を持っている笠がそこで運転をしながら、ヘッドセットのマイクで歌うという演出もあった。

「なぜか僕が高いところに上がるという設定も増えてきたんですよ。最初は富士サファリパークからの中継で、僕だけ気球に乗せられて、上空から歌ったこともありましたね。さすがにドラムはなくてカラオケ仕様でしたけど、風が強くて、ヒヤヒヤしながら歌っていました」

 アイドル並みの人気を獲得したC‐C‐Bは、曜日ごとに各局の歌番組をかけ回り、多忙をきわめる。自分を見失いかねない日々に、人間恐怖症に近い感覚も味わったという。

 また本来はドラマーである笠が、立て続けにメインボーカルの座であることも葛藤につながった。

「ドラムを叩きながら1曲を歌うと、どうしてもステージで息切れしてしまう。それは見せてはいけない部分だったと思います。それに、本来は渡辺や関口のポジションだったものを、たまたま僕が歌って売れたことでメインを続ける形になった。バンドとしては尾を引くし、関口が最初に独立したのも仕方がなかったと思います」

 再び「ベストテン」の話に戻ろう。番組では年に約1回、50回ごとの節目に地方での公開特番を企画していた。その400回記念は85年10月17日、静岡が舞台だったが、何かとエピソードの多い回となった。

 まずゲストのアン・ルイスが歌う「六本木心中」(84年10月)には、ヘリコプターが日本平に進入するような角度で空撮する。その興奮のままに第2位の「雨の西麻布」(85年9月)を歌ったとんねるずには、ファンが殺到して乱闘に近い状態となった。

 そして1位がC‐C‐Bの「Luckey Chanceをもう一度」(85年8月)だったのだが──、

「1位ということで僕のドラムセットごと、かなりの高さまでクレーン車で吊り上げられたんですよ。さらに特番の1位のお祝いということで、ものすごい量の花火とスモーク。爆音もすごかったし、僕の姿はテレビではほとんど見えませんでした」

 笠は苦笑しながらも、どこか懐かしそうに言う。番組スタッフがケタ外れの情熱を持って“仕掛け”に臨んだ形だったのだ。

 その1年後、450回記念特番は長野県松本市で開催された。この日の1位を飾ったのは、デビューしたばかりの石井明美が歌う「CHA‐CHA‐CHA」(86年8月)だった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?