エンタメ

トラック運転手に絶大な人気! 長寿の秘密は安心感

 夜を走るトラック運転手に絶大な人気を誇る「日野ミッドナイトグラフィティ走れ!歌謡曲」(文化放送)は、放送開始から45周年。長寿の秘密は、放送スタイルを昔から一貫して変えない安心感にある。

「助手席に案内役が座っているような、ドライバーに寄り添うような番組を目指しています」

 スタート時から番組に関わってきたプロデューサー・南里慎二氏はそう語る。番組の放送開始は1968年11月19日。

「当時は東名高速もまだ通っていなくて、東京から大阪まで一晩かかっていました。今のようなきめ細かな交通情報もなく、運転手さんもドライブインで仮眠を取ったりしていました」

 そんな長距離トラックや夜行バスの運転手向けに、早朝3時~5時の2時間生放送を「全て女性パーソナリティが担当」「曲はフルコーラスでかける」という2点の基本スタイルを守りながら放送してきた。

 これまでレギュラーで関わってきた歴代女性パーソナリティは100人超に上る。文化放送のアナウンサーが多数担当してきたが、80年からは演歌歌手も起用し始めた。

「その第1号が川中美幸(55)。当時まったくの無名で、本人いわく、これでダメだったら田舎に帰るという状況でした。パーソナリティを始めた時に出した曲が『ふたり酒』。で、番組で各地のドライブインを回って“真夜中のキャンペーン”をやりましたら、一気に火がついて大ヒット。田舎に帰らずに済んだんです(笑)」

 82年には番組のファンだったという故・美空ひばりもスペシャルパーソナリティを務めている。

「ある時、島倉千代子(74)が番組をやっているのを聴いたひばりさんから『私じゃダメなの?』って、レコード会社を通して問い合わせがありまして。もちろんこちらは大歓迎です。せっかくなら、ひばりさんの誕生日にやろうと、その年の5月29日の生放送になりました。交通情報に天気予報も全て1人でやってもらいましたよ」

 他に松原のぶえ(61)、香西かおり(49)、坂本冬美(45)らもパーソナリティを務めた。

「みんな新人で入ってきて、NHK紅白歌合戦に出場できるレベルになって番組を卒業していく。だから『走れ!歌謡曲』のパーソナリティをやると、紅白に出られるかもしれないと言われた時代でした(笑)」

 深夜から未明にかけて、女性パーソナリティのゆったりした会話と20曲前後の音楽とが、深夜のリスナーたちに届けられる。

「番組がスタートした最初の10年間は意外にも、受験生からのハガキが圧倒的に多かったんです。パーソナリティが相談相手のお姉さんという感じで、悩み事などを書いてきていました」

 やがて映画「トラック野郎」シリーズ(75~79年)が公開されると、派手なイルミネーションを施した大型トラックが文化放送前に集まったりした。

「平成に入った頃、女優の戸田恵子さん(55)たちの時代にも、やはり大型トラックが数台集まって、放送が終わるのを待っていましたね。たぶん、築地の荷物を運んだ帰りだと思いますが、魚をまるまる1匹パーソナリティにプレゼントしていくんです。そんな話を、私は少なくとも3回は聞きました。パーソナリティはトラックの運転手さんにとってアイドルなんです」

 番組の35周年を迎えた10年前には、コンピレーションアルバム「走れ!歌謡曲ゴールド編、プラチナ編」(各2枚組、2セット)を発売している。

「CDで聴く『走れ!歌謡曲』というもので、間にパーソナリティのナレーションが入っています。これが大ヒットしまして、当時のコンピレーションブームの先駆けになりました」

 そして45周年を迎えた今年も、新しいCDの準備を進めている。今回は2枚組の1セット。6月の発売予定に向けて、今まさに選曲の作業中という。

 現在のパーソナリティには歌手、グラビアモデルのほか、元レコード会社の受付嬢をしていた素人もおり、バラエティ豊かだ。

「放送スタイルを変えようと考えた時期もありましたが、そのつど、ドライバーの方たちから『今のスタイルが最高だよ』という声が寄せられました。マンネリと言えばマンネリですが、安心感もあります」

 それが安全運転につながるのかもしれない。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
もはや捨て駒状態の「あなたの番です」、次回作は賀来賢人のコメディか!?
2
小林麻耶、「キンスマ」出演に「芸能界を引退したんじゃなかった?」の大合唱
3
デキ婚で納得!川栄李奈、「家政夫のミタゾノ」の扱われ方に「変だった」の声
4
真矢ミキ、渦中の千原せいじの話題を吹き飛ばした「胸のナマ渓谷」見せ!
5
ピエール瀧に続く「薬物芸能人」の“名前”リストを一挙公開する!