スポーツ

阪神・矢野監督「岡田采配の模倣」で選手に“愛のムチ”は奏功するか

「より強く、印象に残るように」ということだろう。

 矢野阪神が5カードぶりの勝ち越しを決めたのは、セパ交流戦最後の対戦となる埼玉西武との一戦だった。矢野燿大監督は「良い勝ち方ができた」と、5、6、7回に適時打を積み重ねて逆転した打線の粘り強さを褒めていた。また、近本、マルテ、岩田と投打のヒーローの名前を挙げてほめていたが、昨今、「演出方法」を少し変えたようである。

「大腸ガンの手術を終え帰って来た原口をいきなり代打起用しました。その原口が適時二塁打を放ち、果敢に頭から二塁ベースに突っ込んでいく姿を見せられたら、ベンチが盛り上がるのも当然です」(在阪記者)

 この起用法は、岡田彰布氏のもとで学んだという。岡田元監督は選手の誕生日をすべて覚えていて、そうしたタイミングで選手を一軍に昇格させるなどしてきた。岡田監督時代を選手として経験していた当時の矢野監督は「バカバカしいが、岡田監督は真剣だった。人をドラマティックに使おうとする」と一目を置いていた。原口の代打起用は岡田采配を「模倣」したのである。

 また、矢野監督といえば、選手が適時打を放つとベンチで大げさに喜んでみせ、ベンチを明るくしようとも努めてきた。しかし、

「6月15日のオリックス戦で大山が覇気のない走塁をし、試合後、取材陣に囲まれると名指しで非難していました。味方野手がどんなにエラーをしても『次に期待する』としか言わなかった矢野監督が、です。これまでの方針を撤回して個人名を出したのはちょっと驚きでした」(前出・在阪記者)

 20日の東北楽天戦でも、名指しで選手を叱っていた。本塁突入が可能だった場面で、三塁走者・木浪がためらってしまった。矢野監督は懲罰的な意味合いで、即刻、代走を送った。

「単に叱ったり、怒ったりするのではなく、インパクトに残るような言動に努めています。怒ったら、前政権同様、選手を萎縮させるだけ。反省、発奮につながる方法を模索しているようです」(球界関係者)

 それにしても、阪神は12球団最多の失策数に象徴されるように、凡ミスが多い。岡田采配の「模倣」など、矢野監督なりにいろいろと考えているようだが、こんなに気を遣っていたら、ストレスで胃に穴が空いてしまうのではないだろうか。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
スリムクラブに続くW痛手!「闇営業謹慎」2700ツネ、「目隠し遊び」報道の波紋
2
「不貞騒動明け」後藤真希、夫と腕組みアピールに「旦那がすげえイヤそう」の声!
3
韓流ドラマで主演俳優が逮捕!その事後対応に日本のテレビ局も大注目か
4
今年もネットで議論百出!「24時間テレビ」チャリティランナー決定に批判の声
5
欅坂46松田里奈、「アイドルとしては放送事故級のクイズ回答」の大波紋!