芸能

長谷川豊が差別動画の件で釈明するも、最後はなぜかフジテレビを侮辱!?

 7月4日、参院選が公示されたが、講演会における差別発言が原因で日本維新の会から、その参院選の公認を停止(のちに辞退)された元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏が6月30日、みずからの言い分をYouTube公式チャンネルの動画で公開した。「みなさんもご存知の通り、いろいろあって大変でした」と、切り出した長谷川氏は、どんな言い訳を繰り出したのだろうか。動画を確認した芸能記者が言う。

「参院選の出馬を断念した当時には『10日間ほど固形物を食べることがいっさいできなくなりました』と告白。いきなりの“ナイーブアピール”には、『全部しゃべりますから!』との啖呵も霞んでしまうかのようです。そして出馬断念のきっかけは《1本の悪質な動画》が原因であり、その動画は切り貼り編集されていたため、自分の真意が曲がって伝えられたと主張。切り貼りゆえに『日本語として成立してない』とまで言い切っています」

 長谷川氏は悪質な編集を立証するため“プロ編集マン”にインタビューした様子も紹介。映像編集を7~8年手掛けているという人物が証言しているのだが、その内容も微妙だという。

「その編集マンによると、コマ送りで見ると微妙にズレているところがあり、《編集点が何カ所か確認できた》と証言。この程度の動画編集なら1週間もあれば可能だと語っています。しかし長谷川氏が証明すべきは編集の有無ではなく、どんなセリフがどのように編集されたのかという“差分”のはず。編集前後の違いさえ示せば、自分の意に沿わない形で動画が改ざんされたと証明できるのに、そういった具体的な例示はいっさいありません。これではあまりにも説得力に欠けるのではないでしょうか」(前出・芸能記者)

 ともあれ長谷川氏は「相当悪質なことをやられた」と憤慨していたが、今回の一件について長谷川氏が出した結論は、なんとも斜め上を行っていたという。芸能記者が続ける。

「長谷川氏は今回の騒動を《だよね》という言葉で総括。その理由として、柳澤伯夫元厚労相が07年に“女性は子供を産む機械”発言で辞任に追い込まれた一件をあげ、『この報道をしたのはボクです』と断言したのです。その上で『今回の件も因果応報なので仕方ない』と総括していました。ただ、そもそもいちアナウンサーの長谷川氏に報道の内容を左右する権限があるはずもなく、まるで自分がニュース番組を作っていたかのように語るのは、古巣であるフジテレビへの侮辱ではないでしょうか」

 これには長谷川氏擁護派も〈因果応報かーい!〉とガックリ。これが長谷川氏の真意なのか、ぜひ次の動画で検証してもらいたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
篠原涼子、「バスト揉まれまくり&舌入れキス」の衝撃映像にアクセス殺到!
5
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体