政治

歴代総理の胆力「山本権兵衛」(2)妻は品川遊郭出身の元遊女

 その後、山本は予備役に編入され、政治活動から離れていたが、約10年後、時の総理大臣の加藤友三郎が死去、お鉢が回ってきての第二次内閣の組織ということだった。

 しかし、ここでも山本はその力量の高さに比べ、「運」のなさにつきまとわれた感があった。巡り合わせの悪さである。折からの関東大震災に見舞われ、治安悪化から戒厳令の施行を余儀なくされ、政治反動の雰囲気をかもしてしまった。ために政党の協力を得られずという苦境の中、「摂政」だった裕仁皇太子(のちの昭和天皇)が狙撃されるという「虎ノ門事件」も起こり、その責任を取って総辞職を余儀なくされたということだった。第二次政権はわずか4カ月で終わったのである。

 その山本の私生活はと言えば、総理在任中でもじつに質素なものであった。床の上げ下げも自分でやった。靴下や衣服のほころびも、器用に針を操って自分で縫った。また、酒席に出ることは極力避け、政治家として派閥、子分をつくり、それをバックに「力の政治」に走るタイプでなかったことを実践した格好だった。

 特筆すべきは、妻・登喜子が品川の遊郭の元遊女だったことだった。時に山本、ドイツ軍艦で世界を回って帰国して間がない22歳である。山本は新潟出身で売られたばかりのこの若い女性に一目惚れ、強引に足抜けさせ、身請けしたということであった。男気にも富んだ人物だったのである。

 山本はドイツ軍艦に乗船中、艦長のグラフ・モンツから言われたことがあった。「妻を敬うことは一家に秩序と平和をもたらす」と。山本はこれを心に刻み、この妻や家族を、大変に大事にした。夫婦仲は極めてよく、愛妾を抱えるなどの話は全く無縁であった。昭和8(1933)年、登喜子が没すると、山本はそのあとを追うように、その年12月に死去したのだった。

「維新の第2世代」として台頭、大正期にその明治国家の修正にチャレンジした男の“未完の死”であった。

■山本権兵衛の略歴

嘉永5年(1852)10月15日、薩摩(鹿児島県)加治屋町(かじやちょう)生まれ。山県、伊藤、桂内閣で海相。海軍大将を経て、第一次、第二次内閣を組織したが、ともに、シーメンス事件、虎ノ門事件により総辞職。総理就任時60歳。昭和8年(1933)12月8日、81歳で死去。

総理大臣歴:第16代1913年2月20日~1914年4月16日、第22代1923年9月2日~1924年1月7日

小林吉弥(こばやし・きちや)政治評論家。昭和16年(1941)8月26日、東京都生まれ。永田町取材歴50年を通じて抜群の確度を誇る政局分析や選挙分析には定評がある。田中角栄人物研究の第一人者で、著書多数。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
2
やることがイケメン過ぎ! King Gnu井口理に日向坂46ファンから感謝の声殺到
3
沢尻エリカ、まさかのドラマ登場で「池田エライザとのバスト対決」が話題に
4
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
5
「新番組発表」とんねるず石橋貴明、TVレギュラーが消えたとしても困らぬ理由!