芸能

開催中の嵐「初展覧会」でわかったジャニーズ「巧みなカネ集めテク」全貌!

「ARASHI EXHIBITION “JOURNEY”嵐を旅する展覧会」が7月1日からスタートした。

 東京会場で11月30日まで開催された後、大阪、福岡、宮城会場を巡回していく。デビュー20周年にして初の展覧会ということで、ファンの期待はヒートアップ。ネットでは一足早く足を運んだ嵐ファンたちの観覧体験トークが話題をさらっている。

「展示は嵐20年の歴史がつまったものです。総カット数380カット超の写真はとにかくボリューミー。嵐の衣装7パターン35体が並び、各メンバーの創意工夫による個人スペースでの展示コーナーもあります。嵐の手描きミッキーマウスの原画から、果ては二宮和也がゲーセンで取った犬のぬいぐるみまでズラリ勢ぞろい。で、最後は物販コーナーでのてんこ盛りのオリジナルグッズが待ち構えています。コンサートグッズとは比べものにならない豊富な種類にファンの財布のひもは緩みっぱなし。大きな袋を両手に下げて帰るファンでごった返していますよ」(エンタメ誌ライター)

「ジャニーズ商法」のうまさに脱帽するのは、ジャニーズウオッチャーだ。こう話す。

「この展覧会は嵐のファンクラブの会員しか入場できないんですが、入場するためには、日時を決め、一人2枚まで、第4希望(10時、14時、18時)まで書いて応募しなければなりません。1カ月ごとの申し込みで、抽選に当たってようやく入れます。希望した日時が都合悪くなっても、本人確認があるから、他人に譲ることはできません。当選後のキャンセルも返金もできない。はずれたら翌月また申し込みに参加、抽選結果を待つ。当選するまでずっと申し込みに参加できますが、全員必ず当たる保証はない。1回当選したらそれっきりで、別の会場で応募することはできない。オリジナルグッズを購入できるのも会員だけで、会場のみの販売。9月からオンラインショップで販売予定ですが、こちらも会員限定です。オンラインショップでの販売予定品がわからないので、会場でとりあえずやみくもに購入してしまうハメにもなるんです。とにかく、一期一会の希少体験だけに、どこもかしこも熱気むんむん。メモを取り、上下左右360度を見渡しながらそろりそろりと移動していくような感じです。興奮状態のままスーベニアショップになだれこむと、グッズは1アイテム2点のみ購入の縛りがあるから、より多くの種類を買い込むことに。最後だからと自分に言い聞かせて爆買いするファンが目立っています」

 2020年いっぱいでの嵐の活動休止を巧みにビジネスに結び付けているジャニーズ商法、儲からないわけがない。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
2
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
3
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
4
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
5
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”