社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<関節リウマチ>「治療法の劇的変化で『関節破壊』を抑制」

 食欲がない、なんとなく体がだるい、熱っぽい、体重が減ってきた‥‥風邪の初期症状に似ているが、実は「関節リウマチ」の場合もある。

「関節リウマチ」の患者数は、日本では70万~100万人。神経痛と混同されたり、高齢者の病気だと思われたりしがちだ。しかし、実際は30代~50代の働き盛りに発病することが多いのも事実。

「関節リウマチ」の特徴的な症状として、関節の腫れや痛みがある。自分の体を構成する細胞などを誤って敵と認識し、攻撃してしまう「自己免疫疾患」が原因と言われているほか、遺伝や感染、ストレスなど、さまざまな要因が絡み合って発病すると考えられている。

 初期症状として見逃してはいけないのが「こわばり」や「腫れ」。特に、「こわばり」は朝に生じやすく、手の指の第2、第3関節に「腫れ」が出ることが多いのも特徴だ。さらにひどくなると、手首、足の指の付け根の関節などにも痛みが生じる。この痛みは痛風のような激痛ではなく、じわじわと進んでいく。重症化すると関節が破壊されるばかりか、手指の変形、全身の臓器の炎症など、さまざまな合併症も引き起こす。

 かつては治らない病気とされてきたが、近年、検査法の進歩や、治療法が劇的に変化して関節の破壊を抑えられ、症状が治まる「寛解」が可能となった。

 高い効果のある、メトトレキサートなどの「抗リウマチ薬」や、分子レベルで治療の標的を絞り込める「生物学的製剤」などを積極的に使うことで、早期から関節破壊を抑制できるのだ。

「こわばり」「腫れ」の症状がある場合は、できれば、近くのリウマチ専門医を受診して、専門医がいない場合には、かかりつけ医に紹介状を書いてもらうなど、早期発見、早期治療に努めてほしい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
2
ラグビー日本代表の感動が台無し!?YOSHIKI、南アフリカ戦に登場に批判殺到
3
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!
4
中山美穂、49歳の「不貞ベッドシーン」挑戦に“肉食本性”炸裂を期待する声!
5
「モトカレマニア」大爆死も“新木優子の割れ目”披露に視聴者が歓喜!