芸能

乃木坂46齋藤飛鳥が告白した意外な「人気急増ターニングポイント」!

 いつの間にか中心メンバーに!?

 乃木坂46の齋藤飛鳥が21日に放送された音楽番組「JAPAN COUNTDOWN」(テレビ東京系)に出演。自身の人気が出始めたきっかけについて語っている。

 乃木坂には11年に1期生メンバーとして13歳の時に加入し、いつしかグループを引っ張るエースへと成長した齋藤。加入当初からの人気メンバーというわけではなかったわけだが、齋藤にはこれがきっかけで人気が出始めたと実感しているターニングポイントがあるようだ。

 齋藤がターニングポイントに挙げたのは、乃木坂の冠番組「乃木坂工事中」(テレビ東京系)の16年2月に放送された、2期生メンバーが1期生メンバーの中から1人を選び、バレンタインのプレゼントを渡すという企画だった。

 同企画では「この子からはもらえる」という自信がある場合は、もらう側である1期生メンバーが立候補して名乗り出なければいけないという特殊なルールが設けられており、齋藤は何度も名乗り出るも、残念なことに1個ももらうことができず、号泣。あまりに悲しすぎる結末に、齋藤は「『こんなにもらえないの…』と思って、もうこらえきれずに号泣しましたね」と当時を振り返っている。

 ただ、齋藤は「フラれまくって悲しくなったんですけど…」と前置きし、「あとあと考えると、握手会で列が増えたりしたきっかけがたぶんあそこなんですよ」と、自身にとっては苦い思い出の企画が人気急上昇ポイントとなったと分析しているようだ。

「すでに乃木坂を卒業した西野七瀬もそうでしたが、齋藤も加入当初は明るい性格でもなく、番組で前に出ていくメンバーというわけではありませんでしたから、徐々に評価されていった遅咲きメンバーに挙げられます。齋藤は12年2月リリースのデビューシングル『ぐるぐるカーテン』で選抜メンバー入りするもその後はなかなか定着せず。ようやく頭角を現してきたというイメージがあるのは、15年3月にリリースされた11thシングル『命は美しい』で、以降は現在までのシングルですべて選抜入りを果たしています」(アイドル誌ライター)

 そして齋藤が話すようにこのバレンタイン企画が放送された5カ月後にリリースされた15thシングル「裸足でSummer」で初センターを務めることになる。

「小顔で可愛いらしいメンバーということで目立つ存在であり、この時はすでに選抜に定着して約1年が経っていたものの、ファンからの“実人気”が追いついたのは齋藤が話している通りこの企画の影響が大きかったでしょう。抜群にビジュアルがいいものの、自己表現がとにかく苦手だった齋藤ですが、この企画でとにかく涙を流し、素の自分を解放した瞬間ですから、齋藤に興味を持ったというファンも多いようです。当時は選抜常連メンバーが際立って卒業していたわけでもありませんから、人気メンバーの穴埋めのために台頭してきたというわけでもなく、完全にその才能が開花してのブレイクといえるでしょう」(前出・アイドル誌ライター)

 最新シングル「Sing Out!」でもセンターに抜擢され、文句なしのエースに成長した齋藤。現在も楽屋の隅っこにいるのが好きだったり、ややネガティブな部分もあるものの、グループのためにメンバーと積極的に交流することも増えてきたりと、エースとしての自覚も芽生えているだけにさらなる進化にも期待したいところだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”