芸能

輝く!有名人スキャンダル大賞2019上半期(1)「謹慎は無期限が一番辛い」

 長い梅雨が明けても、「吉本闇営業問題」は気温の上昇とともにヒートアップするばかり。タブーを恐れない4人が、事務所を通した正規のオファーで集って上半期の話題をブッタ斬る!

 今年の上半期は濃すぎるんだよ。

 せっかく「吉本オーシャンズ11」と言ってたのに。謹慎者が13人に増えたから、「13人の刺客」になった。

 どんどん数が増えていく。

 そう、「吉本坂46」まで行くんじゃないかって。

 音楽業界の闇営業っていうのも、あるの?

 闇営業もクソも、みんな個人営業でやってる人がほとんどだから、ラッパーなんていうのは。で、クラブとかで呼ばれて行くじゃないですか。

 そういう系がやってること、あります?

 まあ、はっきり言って身元なんかわかんないし、その中の誰かがそういう人とかっていうのはわかんない。そんなのいちいち確かめないじゃないですか。

 クラブにいる観客なんかさ、もう。

 あ、観客はもちろんです。90年代とかは普通に「地元の何とかさんに挨拶、一応通してくれますか」ってあったし。

 それ、言っていいの?

 もう昔のことだし。別に交際があったわけじゃなくて、まあ、「この人に挨拶しとかないでモメるとアレなんで」ぐらいの感じですよ。「ああ、どうも」って。

 俺、赤坂で店出したじゃない。いちばん怖いとこじゃん、赤坂なんて。

 でもさ、〈お断り〉ってやってるんですか?

 一応は〈会員制〉とうたってっけど。

 でも、そういう人が来ちゃったりとかはない?

 今までは一度もない。

 でも、「関係者ですか?」「反社の方ですか?」って聞けないじゃない。

 そうなんだよ。

 向こうがそういうバックを匂わせながら圧とかかけてきたら、その時点でアウトじゃないですか。だから、今はもうそんな迂闊なことはしないんだと思うけど、たぶん。

 豪ちゃんなんて、反社勢力のインタビューなんか死ぬほどやってるもんね。

 記念写真、ガンガン撮ってますから。

 どこを基準にするか、掘り下げる期日は暴力団排除条例が施行された2011年ということになってる。紳助さんの引退も11年だから。

 それ以前はおとがめなし。この件は、僕も聞いたんですよ。他の人たちは正直に言おうと言ってたのを、止めたのが宮迫さんだったって説があって。

 ギャラをもらってないと言ったのが?

 そうなんですよ。結局、前の「オフホワイト」の時にうまくいっちゃったんで、「会社が潰してくれたから、今回も守ってくれるから、お前らみんなウソつけ」の結果がこうなって。今、宮迫さんに「あいつ、何なんだ」っていうことになってる説が。

 すごいなあ。

 オフホワイトのあとはリアルブラックだったと。

 ちゃんと稼いでる宮迫さんがお金を必要としたのは、オフホワイトの時の愛人問題があって、家のお金は奥さんが握ってるから、内緒のお金が必要だったみたいなことを聞きましたけど、真実かどうかは知らないです!

 リアルだなあ。

 それが宮迫&亮会見と岡本社長の会見で流れが一変して、最終的に吉本の評判を落としたのは岡本社長って結果になりました。

 亮さんは感情がそのまま出ちゃう正直なタイプだから。

 岡本社長がいちばん、「Q&Aの練習」をしてなかったんじゃないのかって。

 本来は、反社勢力との接触が問題点だったのに、軸がブレていた。でも、島田紳助さんの仲介、登場で逆に軸がもとに戻った。一方、ザブングルの処理、ナベプロはさすがだった。

 みごとですよね。ちゃんとした事務所のちゃんとしたやり方で。

 (博士は)謹慎のプロだからね。

 ザブングルは謹慎の期日を8月いっぱいと決めたでしょ。謹慎って無期限がいちばんつらい。地獄だよ。

 期限なかったからな。

 ボランティア活動したりね。あれも形式なんだろうけど、俺もやったから。社会奉仕活動として、犬のクソ拾いや老人ホームで介護をやったり。

 そのレベルのことまで?

 つらいのはつらいよな。

 うん。スリムクラブも無期限だよね。もう、事務所辞めたほうがいいよ。

 こうなっちゃったら、メリット全然ないですもんね。

<座談会メンバー>

:水道橋博士/:玉袋筋太郎/:吉田豪/:宇多丸

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談