芸能

ホリエモン「政界再挑戦」と「次の“儲”ビジネス」(2)「ホラレモン」になる恐怖

 アプリといえば「おさわり探偵 なめこ栽培キット」(注・スマホでなめこを育てるゲームで、大流行となっている)も入れましたね。今みんなが求めているのは、「LINE」と「なめこ」なんだと感じました。

 実は刑務所内の工場で「きのこキャップ」を作っていたんですよ。きのこって瓶で育てるんですけど、種類によって呼吸のしかたが違うんです。キャップの形状が呼吸に合わせて作られるので、きのこの種類だけキャップがあるんですよ。そういう意味でリアル「なめこ」は中でやっていましたけど、アプリは出所後にようやく触れることができました。アプリをやりながら、「俺もきのこキャップ作ってたぞコノヤロー」みたいなね(笑)

 東京拘置所に収監されてから、約30キロ痩せました。中では毎日腕立て伏せ300回と腹筋、スクワットをやっていましたから。でも、11年10 月頃、健康診断で血尿が出てしまい、外の病院で診断を受けることになったんです。病院で看護婦さんとすれ違って久しぶりに生の女の人と接近できたのはうれしかったんですけど、右腎臓に結石が見つかりました。

 また、同じ時期に痔になりました。下半身の前後が同時に故障したことになるんですけど、生まれて初めて肛門鏡を挿入されてしまいました。貞操を奪われながらシャバで「ホラレモン」ってからかわれるだろうなぁ~って思っていましたね(笑)

 情報っていうのは、自分で選んでいち早く手に入れてビジネスに生かすものだと思っていたんですけど、刑務所では新聞とテレビっていうオールドメディアしかないんですよ。アップルの創業者、スティーブ・ジョブズの死去も新聞で知りました。彼のコンピュータとの出会いが今の自分につながっていることもあり、訃報を獄中で聞く現実を前に複雑な気持ちになりました。

 そんな環境にいると、NHKの朝ドラがものすごい楽しみになるんです。「おひさま」の井上真央さん(26)がお気に入りで、放送は録画なんですけど、その時間に面会に来られるとイラッとしたりするくらいでした。

 刑務所の中には、エロ本の差し入れも可能なんですよ。中で抜く時のオカズはエロ本ですが、昭和の香りが強すぎて賞味期限が短すぎ‥‥。何で、いまだにシャバで売れてるのか不思議なくらい。みんなネットでエロを見ないんだろう、って考えさせられましたね。

 出所してから、動画サイトでAVを観ました。以前、AV女優のプロデュースをしたこともありましたが、今回は名もなき女優の企画ものでした。楽しませていただきました。

 怖い人たちなんかは、懲役が明けるとソープに行ってアカを落とすようですけど、私、ソープは卒業しました。アカを落としたかは、ご想像にお任せします。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
2
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
3
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
4
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣
5
全脱ぎ披露!?「花のち晴れ」で飯豊まりえが起用された“裏事情”