女子アナ

高橋真麻が「爆裂バスト対策」激白!苦しくならないようにする秘策とは?

 男性にとってはとてもありがたい豊かな胸。だが、女性にしてみれば重く、不自由なことも多いという。推定Gカップの爆裂バストで知られるフリーアナの高橋真麻も、やはり胸が大きすぎて困っているようだ。8月22日のブログで、飛行機の乗った際の胸の具合を告白している。

 それによると機内では胸が苦しくなるのだという。豊かな胸を持つ女性ライターはそれをこう推測する。

「長時間シートに腰掛けていることが理由の1つ。そしてシートを倒して体を横たえると胸の重さが体にのしかかり、苦しくなる点も原因です。アンダーウエアを脱いで楽なかっこうになれればいいのですが、人の目があるからそうもいきません」

 そこで真麻はあるブランドのワンピースを着ることで、胸の悩みを解消していると明かしている。

「『HEART CLOSET』という、胸が大きな女性を対象にしたブランドの服を着ているとか。着用した写真がアップされていますが、見ると胸の部分がゆったりしているのがわかります。これなら苦しくならずに済みますね」(前出・女性ライター)

 頼もしい味方を見つけた高橋真麻。これからはもっと胸を大きくし、磨きをかけてほしいものだ。推定Hカップになる日は近いはず。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
2
高橋真麻が「奇跡の1枚」公開!ほっそりボディに“Gバスト”はまるで別人だッ
3
雛形あきこ、温泉ロケで見せた「Eバスト渓谷クッキリ場面」に視聴者クギ付け!
4
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
5
浜田雅功も卒業…今田耕司が明かした“スパルタ母校”の「リンチ」仰天エピソード!