女子アナ

ヤラセが原因!?日テレ「24時間テレビ」ランナーが水卜麻美になった裏事情

 8月23日の「デイリー新潮」が、8月24日~25日にかけて放送されたチャリティ番組「24時間テレビ」の、内情を報じた。記事によると、同局はチャリティマラソンのランナー選びが難航していたという。

「『新潮』によれば、日テレは昨年からランナー選考を進めていたものの、バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』のヤラセ問題が原因で、キャスティングが決まらなかったそうです。なぜなら、今年の『24時間テレビ』の総合演出は、『イッテQ』や『嵐にしやがれ』のプロデューサーであるため、また同じようなヤラセ問題が起こらないか、芸能事務所が警戒していたというのです。そのため、ランナーはなかなか決まらず、かつ1人で走らせるにはインパクトが弱すぎるということで、駅伝形式になったそうです」(芸能記者)

 そして、事前に発表されていたガンバレルーヤ・よしこ、ハリセンボン・近藤春菜、いとうあさこに続き、当日の放送では同局の水卜麻美アナが4人目のランナーとして発表された。今回、日テレ社員の水卜アナが選ばれたのも、キャスティングが難航した結果なのかもしれない。

 そんな中、彼女のランナー発表までに視聴者から苦情が殺到したという。

「『24時間テレビ』は18時30分から放送が始まり、序盤から4人目のランナーを発表すると伝えていたものの、散々引っ張って、発表されたのは結局、20時30分ごろでした。その間、出演者らのアップを映し、『4人目のランナーは誰?』とCMを挟みながら、アオる演出を何度も繰り返したため、視聴者からは『チャリティ番組でやる演出じゃない!本当にイライラする!』『あからさまな視聴率稼ぎ!応援する気なくすよ』『ゴチメンバー発表じゃないんだから、さっさとやれ!』と批判が殺到しました。そして発表後、水卜アナは好感度の高い女子アナなので、批判は多少収まったものの、もし別の人物だったら、そのタレントに批判のホコ先が向いた可能性もある。そのため、バラエティ演出を警戒し、あらかじめ所属タレントを出さなかった芸能事務所の判断は正しかったと言えるでしょう」(テレビ誌記者)

 バラエティならともかく、チャリティ番組における視聴率稼ぎの演出は、視聴者の反感を買ったようだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
朝ドラ「おちょやん」初回から視聴率イマイチで今後も心配の“致命点”
3
瀧内公美、ドラマ「共演NG」「恋する母たち」より見たい完脱ぎ映画3作品!
4
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪
5
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ