芸能

のん、公取委「芸能事務所の問題行為例示」で浮上する「能年玲奈」返り咲き!

 公正取引員会が8月27日、芸能事務所が所属タレントとの間で交わす契約や取引について、独占禁止法上で問題となる恐れのある行為の具体例を示したが、これが芸能界やテレビ界に様々な影響を与えるともっぱらだ。

 問題となる可能性があるとして挙げられたのは、芸能事務所による【1】移籍や独立を諦めさせる、【2】契約の一方的な更新、【3】正当な報酬を支払わない、【4】出演先や移籍先に圧力をかけ芸能活動を妨害する、などの行為。独禁法に当てはめると、【1】~【3】が「優越的地位の乱用」、【4】が「取引妨害」などに触れる可能性があるという。

 こうしたわかりやすい具体例が示されるや、ネット上では当然、吉本興業や、ジャニーズと元SMAPメンバーとの関係も話題となっているが、中でも最も注目されているのが、女優・のんの今後についてだ。

「前事務所からの独立騒動から4年が経ち、昨今はユニクロのテレビCMに出演していることから、地上波でのドラマ復帰を望む声が高まっていますからね。ただ、7月に彼女のマネジメントを手掛ける会社社長が公式サイトで出した声明によれば、広告のオファーが多くあり決定するが、テレビの仕事は途中まで話が進んでも上司に潰されしまう状態が続いているという。こうした業界の“暗黙のルール”のモヤモヤも、公取委のメスによって徐々に解消されるかもしれません」(夕刊紙記者)

 また、のんに関しては、〈能年玲奈に戻れる日も近いのでは〉と期待する声もあがっている。

「のんの場合、前事務所との関係がこじれる中、16年に独立し個人事務所を立ち上げ、その際に芸名を能年玲奈から『のん』に変更している。これが当時、前事務所からの許可が得られないためだったとも報じられており、そうした契約が交わされていたとすれば『優越的地位の乱用』に当たる可能性もある。公取委の攻めの動きにより、状況が変わる可能性はありますね」(芸能記者)

 そもそも本名である「能年玲奈」として、活動できる日も近いのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
2
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)