芸能

浜崎あゆみ、「M」のドラマ化で気になる「配役」と“ベッドシーン過激度”

 浜崎あゆみのデビューから“歌姫”に上りつめるまでの軌跡を描いた自伝的小説「M 愛すべき人がいて」(小松成美著・幻冬舎)が、20年春にテレビ朝日で連続ドラマ化されることが内定したという。

 音楽プロデューサーで浜崎の育ての親でもある、エイベックスの松浦勝人会長との出会いから破局までが克明に綴られた内容で、松浦氏をはじめ、実在の人物や場所が実名で登場。そのため、どこまでがノンフィクションで、どこからがフィクションなのか、好奇心を掻き立てる。

 さっそくSNS上では、ヒロイン・浜崎役を演じる女優の予想合戦が繰り広げられた。

「主演はエイベックス所属の女優、アーティストではないかという声が高く、最も多かったのが今年5月に“ポスギャル”としてデビューした安斉かれん。沢尻エリカの名前も出ていますが、大河ドラマの撮影もありますから、こちらはなさそうです。他には、山本舞香や今田美桜などの名前もあがっていますね」

 そう話すのはスポーツ紙記者だ。一方、気になるのは松浦役だが、「外見が似ているというだけで(笑い)、EXILEのNAOTOの名前があがっていました」(前出・スポーツ紙記者)

 だが、キャストよりも気になるのは、「ドラマ化にあたっての脚色」というのは、制作スタッフ関係者。

「あゆの恋愛遍歴は本の中では、松浦氏以外は登場しません。これまで公然の仲であった長瀬智也や、オーストリア人の元夫、元ダンサー、元医大生のアメリカ人の元夫、などの存在をどう扱うのか。最近では20歳年下のダンサーとの手つなぎデートも報じられましたからね。また松浦氏との熱愛をどこまで演出するのか。『失楽園』並みの濃厚なラブシーンも放送時間帯によってはアリ、かもしれません」(前出・制作スタッフ関係者)

 本の中では20年前の1999年、松浦氏と破局直後に出演したテレビ朝日の「ミュージックステーションスーパーライブ」で、謎の号泣した様子が描かれている。

「ドラマと同じテレビ朝日ですから、この時の実際の映像を使うことも可能。蓋を開けてみたら、プロモーションビデオのようなもの、ということも…」(前出・関係者)

 ドラマには、本以上の刺激が求められそうだ。

(宮本エミ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「紅白司会落選」の背景に昨年末の「あの大失敗シーン」!?
2
すごいボリューム!有村架純、まさかの「バストサイズアップ姿」公開に騒然
3
広瀬すず×綾瀬はるか「視聴率バトル」の天国と地獄(1)低視聴率に綾瀬が一肌脱いだ
4
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
5
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!