芸能

浜崎あゆみ、「M」のドラマ化で気になる「配役」と“ベッドシーン過激度”

 浜崎あゆみのデビューから“歌姫”に上りつめるまでの軌跡を描いた自伝的小説「M 愛すべき人がいて」(小松成美著・幻冬舎)が、20年春にテレビ朝日で連続ドラマ化されることが内定したという。

 音楽プロデューサーで浜崎の育ての親でもある、エイベックスの松浦勝人会長との出会いから破局までが克明に綴られた内容で、松浦氏をはじめ、実在の人物や場所が実名で登場。そのため、どこまでがノンフィクションで、どこからがフィクションなのか、好奇心を掻き立てる。

 さっそくSNS上では、ヒロイン・浜崎役を演じる女優の予想合戦が繰り広げられた。

「主演はエイベックス所属の女優、アーティストではないかという声が高く、最も多かったのが今年5月に“ポスギャル”としてデビューした安斉かれん。沢尻エリカの名前も出ていますが、大河ドラマの撮影もありますから、こちらはなさそうです。他には、山本舞香や今田美桜などの名前もあがっていますね」

 そう話すのはスポーツ紙記者だ。一方、気になるのは松浦役だが、「外見が似ているというだけで(笑い)、EXILEのNAOTOの名前があがっていました」(前出・スポーツ紙記者)

 だが、キャストよりも気になるのは、「ドラマ化にあたっての脚色」というのは、制作スタッフ関係者。

「あゆの恋愛遍歴は本の中では、松浦氏以外は登場しません。これまで公然の仲であった長瀬智也や、オーストリア人の元夫、元ダンサー、元医大生のアメリカ人の元夫、などの存在をどう扱うのか。最近では20歳年下のダンサーとの手つなぎデートも報じられましたからね。また松浦氏との熱愛をどこまで演出するのか。『失楽園』並みの濃厚なラブシーンも放送時間帯によってはアリ、かもしれません」(前出・制作スタッフ関係者)

 本の中では20年前の1999年、松浦氏と破局直後に出演したテレビ朝日の「ミュージックステーションスーパーライブ」で、謎の号泣した様子が描かれている。

「ドラマと同じテレビ朝日ですから、この時の実際の映像を使うことも可能。蓋を開けてみたら、プロモーションビデオのようなもの、ということも…」(前出・関係者)

 ドラマには、本以上の刺激が求められそうだ。

(宮本エミ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然