芸能

バス旅・太川陽介が生駒里奈に“ガチギレ”!?理由は蛭子能収への嫉妬か

 8月29日、「太川蛭子の旅バラ」(テレビ東京系)で「北海道横断!太川蛭子のバス旅2019第4弾」として、ローカル路線バス乗り継ぎの旅が放送された。これまでの1泊2日から2泊3日にパワーアップ、3時間スペシャルということでファンの注目を集めたのだが、思わぬ所が注目を集め、ファンを騒然とさせている。

 話題になっているのはバス内でのワンシーン。その時をざっと再現してみよう。2日目の朝、美唄駅前から滝川駅前へと向かうバスの車内でのこと。太川がコンビニチェーン「セイコーマート」の店舗を見つけると、同放送回のマドンナ役として出演していた生駒里奈は「行きたいなぁ。どこかにないかな」と話す。太川が「特別なもの売ってるの?」と、たずねると生駒は「いや、北海道にしかないコンビニで(※テロップで「本州にも少ないがお店はある」と訂正)、お弁当とかも自社工場で作っていておいしそうなんです」と答えた。

 だが、太川は向かう先の旭川でラーメンを食べたいと提案。コンビニ弁当はやめようと生駒案を否定した。これに生駒は「えっ!?」と驚愕し「北海道限定だからいいかなと(思って)」とポツリ。そんな彼女に太川はしつこく「昼ごはんはセイコーマートのお弁当?」と問い正す。とまどう生駒に「だからコンビニ弁当とラーメンだったらどっちを取る?って」と問い詰めた。

 まるで尋問するかのようにきつい態度で「だからどっちを取るの?」と追い打ちをかける太川。結局、生駒は「ラーメンですかね。セイコーマートはチェーン店があると思うから」と譲歩した。

 しょんぼりしながら生駒は「まず目的地に向かうのが優先なので」とセイコーマートを断念した理由と話すと、太川は「いや、そりゃそうだよ」と即答。わかってるんだよと言わんばかりの態度で、最後に大きくひとつため息をついた。

 これには蛭子も大弱り。ナレーションでは「何この空気、大丈夫なの」と行く先を心配する声まで飛び出したのだ。

「太川が蛭子に対して激怒したことはこれまで何度もありましたが、マドンナにキレたのは初めてではないでしょうか。あんな太川はバス旅だけでなく、『旅バラ』の他の企画でも見たことがありません」(テレビ誌ライター)

 なぜ太川は生駒に対してこれほど怒ったのか。理由はいくつか考えられる。今回の旅は札幌をスタートし、初日に旭川まで行くことを目標としたが、はるか手前でバスがなくなり終了。遅々として進まない状況に太川はイライラを募らせていた。

「もうひとつは蛭子に対するジェラシーです。このシーンの前に、生駒が蛭子のさくらんぼ柄のシャツを『かわいい』とほめまくっていたんです。さらにスニーカー柄の帽子も絶賛。蛭子はまんざらでもない様子でした。それが太川にはおもしろくなかったのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 旭川に到着すると、太川は待ち時間にラーメンを食べようとする。しかし、有名ラーメン店には行列があり、バスの時間に間に合わなくなるため断念。セイコーマートのお弁当を食べた。だが、この時も太川はお弁当に難色を示し、近くのそば店に行こうと提案。蛭子と生駒がお弁当がいいと提案すると、「30分あればそばがたべられたのに」「(2人は)食べ物にこだわりがなさすぎるんじゃねーの」と不満をぶちまけた。しぶしぶお弁当を選ぶシーンでは蛭子に「顔が怖い」と呆れられる始末。

「太川はただ単にコンビニ弁当がイヤだったのかもしれません。ですが、実際にセイコーマートの焼き鳥を食べると『うまいね』とほめていました。セイコーマートは多くの店舗に厨房があり、店員が調理しています。他の大手コンビニとは違い、おいしいごはんが食べられると評判なんです。太川はそれを知らず、よくあるコンビニ弁当だと思っていたのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 リーダーらしからぬ言動を見せた太川陽介。それだけ、今回の旅が厳しいものだったということだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”