芸能

田中みな実が「“色香“炎上商法」大暴走(3)お蔵入りになった雑誌のカット

 田中の色香あふれる戦略はあけすけな発言だけではなく、「肌見せ攻勢」にもあった。

 この路線を突き進むきっかけは、17年9月に女性誌「an・an」(マガジンハウス)で見せつけた「肘でバストを隠す」あの極上カットだろう。上半身は一糸まとわぬ姿のままバストの中心部分を両肘で隠しているが、乳房の膨らみまではっきりわかる衝撃カットは反響を呼んだ。

「撮影時に田中さんは、『もっと見せてもいいですよ~』と言って大胆なポーズを取ったり、『もっと強く胸に腕をギュッと押しつけたほうが、横に広がって見えますよ』とノリノリでした。表紙の候補には、腕に押されてバストがムギュッと広がって見える田中さんお気に入りの1枚があったのですが、エロすぎるということで不採用になったんです」(グラビア関係者)

 今年7月発売の「美人百花」8月号(角川春樹事務所)では、白のヒモビキニ姿でヒップを突き出し、武器はバストだけではないことを証明している。

 自他ともに認めるエロボディの持ち主の田中だが、7月13日に放送された「田中みな実あったかタイム」で、下着選びについてこう発言している。

「20代前半の頃って、例えば肩がしっかり開いているようなオフショルダーの洋服を着る時は、ヌーブラとかぺっぺってつければよかったんです。キャミソールにカップがついているものでもよかったんですけど、(今は)それだけだとおっぱいの位置が下がって見えちゃって困っているんです」

 年齢とともに垂れ乳になっているのが悩みのようだが心配ご無用。尾谷氏は「たまらん」エールを送る。

「全然気にする必要はありません。30代以上で垂れてくるのは自然なことだし、それだけ柔らかいってこと。むしろ触り心地はよくなっているので、優しく包まれる感じはたまらないはずですよ」

 これでドスケベ街道一直線と行きたいところだが、もう一つの悩みの種は今年4月にフリーになった宇垣美里(28)の追撃にあった。TBSの後輩は4月発売の「an・an」で、美尻を突き出したタイトワンピースの表紙が話題になり、セクシー路線でモロかぶりなのだ。

「7月末に発売された『週刊プレイボーイ』(集英社)のグラビアにも登場し、胸の谷間を見せています。グラビアの仕事が舞い込むたびに露出エリアが増えていて、田中が築いてきたセクシーアナの地位を脅かしています。ぶっちゃけキャラもかぶっていて、ライバル争いが激化してきました」(芸能記者)

 ライバルの台頭に焦る田中は、さらなる過激戦略で大暴走を始める。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「紅白司会落選」の背景に昨年末の「あの大失敗シーン」!?
2
すごいボリューム!有村架純、まさかの「バストサイズアップ姿」公開に騒然
3
広瀬すず×綾瀬はるか「視聴率バトル」の天国と地獄(1)低視聴率に綾瀬が一肌脱いだ
4
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
5
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!